アンテナ

    外食時に会計後「ごちそうさま」と言うが、妻は恥ずかしいと思っている。

    スポンサーリンク
    スポンサーリンク

    最近、私は外食時に店員さんに「ごちそうさま」と言うことについて考えています。これは私が長年続けてきた習慣で、どんなお店でも、ラーメン屋からファミレス、居酒屋まで、私は心から感謝の気持ちを表現したいと思っています。実際、一人で外食したときにも、店員さんが「ありがとうございました!」と言ってくれると、とても気持ちがいいと感じています。

    しかし、この行為について、妻はあまり良く思っていないようです。彼女の考えでは、「ごちそうさま」は食事を終えたときに言う言葉であり、わざわざ店員に言う必要はないということです。また、私がそう言うことで、彼女はなんとなく恥ずかしい気持ちになるようです。

    確かに妻の意見も一理あるとは思いますが、私は感謝の気持ちを伝えることが大切だと思っています。お金を払っているとはいえ、店員さんたちの働きに感謝しているからです。しかし、他のお客さんが「ごちそうさま」と言っている様子はあまり見かけません。これが私が間違っていることを示しているのでしょうか?

    最近は、妻とケンカを避けるために、「ごちそうさま」と言わないようにしています。しかし、一人で外食したときには、やはり言ってしまいます。私はどうすべきなのでしょうか。感謝の気持ちを伝えることが大事だと思うのですが、妻の意見も無視できません。

    コメント

    スポンサーリンク
    スポンサーリンク