アンテナ

    伝統を覆す新任班長誤解からの和解は可能か

    スポンサーリンク
    スポンサーリンク

    私は地方都市の静かな住宅地に住む60代の主婦です。昨年、新たに若い夫婦が近所に引っ越してきました。ここは新興住宅地ではなく、多くの世帯が50〜60代という昔からの住宅地です。この新しく越してきた夫婦の方(Aさんとしましょう)がすぐに班長となったのですが、彼らのやり方にいくつか問題が生じています。

    まず、回覧板の配布順序が突然逆周りに変更されました。次に、市からの広報物が班長によって個々の家に配られるのが通常だったのですが、Aさんはそれを回覧板と一緒に封筒に入れ、自分で取りに行けとのメモを挟むようになりました。さらに、町内会費の集金日もAさんが独断で決め、それが毎回我が家が県外で夫の両親を訪ねる日と重なってしまいます。

    私はこれらの変更が町内全体に影響を与えていると思い、自分だけでなく近所の人々も同じように思っているとAさんに伝えました。しかし、その結果、私はAさんから冷たく一蹴され、あの日以来気分が落ち込んでいます。

    どうすればこの状況を改善できるでしょうか?アドバイスをいただけると幸いです。


    以下、ネットの反応

    新しい班長が効率化を試みているだけなのかもしれないけど、長年の習慣を無視するのはどうかと思う。

    Aさんも新しい環境でストレスを感じているかもしれないね。両方の視点を理解する必要がある。

    世代間の価値観の違いが浮き彫りになっているな。これは難しい問題だ。

    言葉遣いや語調でかなり印象は変わるから、もしかしたら伝え方が問題だったのかも。

    我慢ばかりしているとストレスがたまるよ。自分の感情を正直に伝えることも大切。

    結局はコミュニケーションが不足しているだけじゃない?

    それでも班長は地域コミュニティの一員。他の住民の声を無視すべきではない。

    親切心が裏目に出てしまった感じだね。でも、あなたの意見は必要だと思うよ。

    コメント

    スポンサーリンク
    スポンサーリンク