アンテナ

    【統一教会】一度きりの人生 VS 組織の継続性、どちらが重要?

    スポンサーリンク
    スポンサーリンク

    こんにちは、皆さん。
    最近ずっと頭を悩ませていることがあって、皆さんの意見を聞きたいと思って投稿しました。

    それは、「一度きりの人生だから、自分が築き上げた財産は自分で使いきる権利がある」という考え方についてです。

    私はこのように感じていますが、一方で「元統一教会が解散の危機に瀕している」というニュースを聞いたとき、この考え方が揺らぎました。

    皆さんはどう思いますか? 人生と財産に対する個人的な権利と、団体や組織の継続性との間で、どのようなバランスを取るべきだと思いますか?

    皆さんの考えを教えてください。


    以下、ネットの反応

    確かに一度きりの人生だからこそ、財産は自分で使いきるべきだと思う。

    でも組織の継続性も大事だよね。統一教会の問題は深いと思う。

    統一教会って具体的にどうなの?知らないから詳しく教えて欲しい。

    個人的な権利を重視するのも分かるけど、コミュニティの維持も重要だと思う。

    解散危機って本当なの?メディアの情報ってどこまで信じられるんだろう。

    個人主義ってのも一理あるけど、社会を成り立たせるには協調も必要だよね。

    一度きりの人生、だからこそ責任を持って生きないと。

    やっぱり個人の自由と権利は最も大切だと思う。

    コメント

    1. こん意味不明なことで悩むって信者なのか?
      統一教会みたいな反社は組織を継続させる理由が無いから論外だろ

    スポンサーリンク
    スポンサーリンク