アンテナ

    ryuchellさんが叩かれていた理由は彼の性別や多様性に対するもの?

    スポンサーリンク
    スポンサーリンク

    私は最近、ryuchellさんについて話題が多いSNSの一部で一部の意見に混乱しています。ryuchellさんが日本で生きにくいと主張している人々がいる一方で、その主張が家族を捨てる行為に対する批判と混同されていると感じています。
    ryuchellさんが叩かれていた理由は彼の性別や多様性に対するものではなく、彼の家族に対する行動によるものだと思うのですが、これについて皆さんはどう思いますか?性別や多様性に対する批判がryuchellさんに対する主な非難だったとは思えません。

    これらの主張の混乱を解きたいと考えています。ryuchellさんが叩かれた理由と、日本での多様性に対する生活の困難さとは別の問題ではないでしょうか?皆さんの意見をお聞かせください。


    以下、ネットの反応

    その通りだと思う。ryuchellさんの叩かれる理由は家族に対する行動だよね。

    でも彼は多様性の象徴的存在だから、それに対する意見も混じってるのかも。

    ryuchellさんの件は彼自身の問題だと思う。全ての多様性に結びつけるのは無理がある。

    私もその意見に賛成。彼が叩かれた理由と多様性の受容は別問題。

    それぞれの問題を混同しないことが大事だよね。

    日本の多様性受容についてはまだ問題が多いと思う。だけどryuchellさんの件は個別の問題。

    彼の行動を批判するのと、性別の多様性を批判するのは全く別の話。

    でも、彼が叩かれる一因として彼の性別やアイデンティティーが影響している可能性も無視できない。

    コメント

    1. 家族云々に対して文句言っていいのは元嫁と子供だけ

    2. 良き父親像で押し売りしてたんだから父親役降りればそうなるわな
      自己の性別云々言うならば最初から父親像なんか作らなければよかったし、家族内の問題で終わらせたければメディア等にでなければよかったんだよ。
      一個人の家庭に対して粘着するやつはそうそういないですからね。

    スポンサーリンク
    スポンサーリンク