アンテナ

    【悲報】女子中高「戸籍上は男性、性自認は女性」入学検討14校 女子学院、神戸女学院も

    スポンサーリンク
    スポンサーリンク

    首都圏と近畿圏にある私立女子中学校・高校で、トランスジェンダーの生徒の受験や入学をどうするかが話題になっています。

    産経新聞のアンケートによると、少なくとも14校がこの問題を検討中です。

    性的少数者への理解が広がっている今、学校側はどう対応すべきか、難しい選択を迫られています。

    一方で、受け入れに慎重な意見もあり、生徒や保護者の間での合意形成が課題となっています。

    しかし、性的少数者への理解増進法が成立したこともあり、教育現場ではジェンダーに基づく指導を見直す動きも。

    男女別学の校風を守りつつ、どのように時代の変化に対応していくか、各校の取り組みが注目されています。

    女子中高「戸籍上は男性、性自認は女性」入学検討14校 女子学院、神戸女学院も LGBT女子中高アンケート
    戸籍上は男性でも女性だと自認しているトランスジェンダーの生徒をめぐり、首都圏と近畿圏にある私立女子中学校・高校のうち、少なくとも14校が受験や入学を認めるかど…

    以下、ネットの反応

    時代に合わせて学校も変わるべきだよね

    でも、保護者や生徒の合意がないと難しい問題だ

    性的少数者への理解が進むのはいいことだ

    伝統的な学校の価値観とどう折り合いをつけるかが問題だな

    子どもたちにとって開かれた環境が必要だ

    受け入れる前に、もっと広範な議論が必要だろう

    教育現場でのジェンダーの多様性を認めるべき

    でも、実際には実施するのが難しいんじゃないの?

    全ての生徒が安心して学べる環境作りが大切

    この問題、簡単にはいかないよね

    コメント

    スポンサーリンク
    スポンサーリンク