アンテナ

    【名言】故宇野千代さん「幸福とは、人が生きて行く力のもとになることだ。」」

    スポンサーリンク
    スポンサーリンク

    皆さん、こんにちは。最近、故宇野千代さんの言葉に触れ、結婚生活や恋愛について考えることが増えました。

     「結婚の初期の4、5年は恋愛状態のようなもので、その後の結婚生活を続けるためには真の友情や努力が必要」という内容です。私のまわりにも不倫や離婚の話をよく耳にしますが、宇野さんの言葉通り、真の友情や努力が欠けているケースが多いのではないでしょうか?この考えに共感する方や異なる意見を持つ方、経験や感想をお聞かせください。


    以下、ネットの反応

    宇野千代さんの言葉、深いな。結婚生活って本当に努力が必要だと思う。

    だからといって、全ての不倫や離婚が努力不足ってわけではないと思うよ。

    私たちも5年目を迎えるけど、恋愛感情から友情への変化を感じることがある。

    人それぞれの事情があるから、一概には言えないけどね。

    真の友情って何だろう。それを考えるだけで、結婚の意味が深まる。

    恋愛感情だけで続く結婚なんてないと思う。努力と理解が大切。

    友情が結婚を支える大切な要素だと感じる。毎日の積み重ねが大切。

    宇野さんの言葉、考えさせられる。結婚って本当に奥が深い。

    結婚は二人三脚。努力だけではなく、相手の理解や受け入れも必要だと思う。

    努力が必要とは思うけど、それが全てじゃないよね。時には運やタイミングも。

    コメント

    スポンサーリンク
    スポンサーリンク