アンテナ

    【地獄】両親「男性は働き、女性は家庭を守る」

    スポンサーリンク
    スポンサーリンク

    私の両親は伝統的な価値観を持ち続けています。彼らの理想とするのは、「男性は働き、女性は家庭を守る」という役割分担です。特に、働く母親、家事や子育てをする父親に対する否定的な見方は顕著で、「共働きの家庭では子供が問題を起こす」とすら言ってしまいます。
    兄が家事や育児を行う様子を見ても、「息子が嫁に使われている」とネガティブに捉え、また、私が働きながら子供を保育園に預けると批判します。さらに、私が忙しそうに働いていると、「旦那さん可哀想だね」と心配されてしまいます。

    このような考え方は、現代においては少々古臭く感じます。私の信念としては、「男性はこう、女性はこう」という役割に固執するのではなく、全員が社会での役割と家庭の役割を共有し、協力し合うべきだと考えています。それを子供たちにも伝えていきたいのです。

    しかし、その信念と親の価値観との間で揺れ動いています。皆さんは、このような状況にどう対処しますか?意見を聞かせてください。


    以下、ネットの反応

    全く同感だよ。時代は変わったんだから、古い価値観に囚われる必要はないよ。

    でもさ、それが親の価値観なんだから、無理に変える必要はないと思うんだよね。

    私も似たような経験があるよ。結局自分の信念を貫くしかないと思う。

    一方で、親の価値観も無視できないよね。調和を見つけるのが大事だと思う。

    うーん、確かに働く母親に対する偏見は問題だよね。それは改めてほしい。

    でも、親に感謝の気持ちを忘れちゃダメだよ。彼らが言ってること全てが間違いってわけじゃないから。

    価値観の違いは難しいよね。でも、自分の道を進むことが大切だと思う。

    まあ、親も自分の思い通りに子供が育つと思ってるだけさ。その気持ちを理解することも大事だよ。

    親の価値観と自分の価値観、どちらも尊重しながら、自分自身で答えを見つけるしかないね。

    もう少し話し合ってみてはどうだろう?親も少しずつ理解してくれるかもしれないよ。

    コメント

    1. 男尊女卑地獄
      ジェンダーギャップ指数125位のクソみたいな国

    2. 親世代というのは、自分がした子育てが絶対に正しい、同じことを自分の子供も孫にしないとだめだ、と思うことが多い。俺はそれで酷い目にあったから、自分が老いて、孫ができても自分の価値観を押し付けないジジイになろうと思っている

    スポンサーリンク
    スポンサーリンク