アンテナ

    大企業勤務でも給与にコンプレックス?27歳女性の悩み

    スポンサーリンク
    スポンサーリンク

    27歳で大手企業に勤める事務職としての私からの相談です。先日、友人たちと食事に出かけ、昇進したばかりの女友達に、何気なく月給を尋ねました。彼女の答えは、私の給与と同程度でした。この事実に、自分がどうしてもショックを受けてしまいました。
    大変醜い感情とは自覚しながらも、私は苦労して大企業に入社した自己評価があります。そのため、サービス業で働く友人と同等の給与だと知ったことは、大きな衝撃でした。このような自分のコンプレックスをどうにかしたいと感じています。給与を上げる、あるいは自身のコンプレックスから脱却するためには、どのような行動をとるべきでしょうか?


    以下、ネットの反応

    大企業に勤めてるからといって給与が高いわけじゃないよね。そこに価値を見出すのは見直した方がいいかも。

    そのコンプレックスは、自分自身の給与に対する自己評価の問題だから、考え方を変えるしかないんじゃない?

    あなたが大企業で働いていることは誇りに思うべきだと思う。給与が全てじゃないよ。

    お金ばかりに囚われないで、自分の仕事に誇りを持つことも大切だよ。

    給与が同じでも、大企業で得られる経験やスキルは貴重だと思うよ。

    一度、自分の仕事について考え直すのも良いかもしれない。

    自己評価を上げるには、自分のスキルアップやキャリアアップに焦点を当てるべきだよ。

    大企業で働くことは誇りに思うべきだ。給与だけが全てじゃないからね。

    コメント

    スポンサーリンク
    スポンサーリンク