アンテナ

    男性自由、女性制服…これは差別?新入社員の悩み

    スポンサーリンク
    スポンサーリンク

    私は今年の春、大学を卒業して新社会人となりました。入社した会社では、男性社員は自由な服装が許されているのに対して、女性社員だけに制服が指定されています。
    指導役となる女性先輩からは何度も制服を着るように言われていますが、私は私服で出勤し続けています。しかし、最近になって、試用期間終了間近の評価の書類作成に当たる先輩から、制服を着ないことが正式な採用の障害になる可能性があると指摘されました。

    本当はこのような性別による差別的な会社とはお別れしたいところですが、この会社には入社のために一生懸命努力した思い入れがあります。

    皆さんに質問です。このような会社に未来はあると思いますか?私の立場であれば、自分のポリシーを曲げてまで会社に残るべきでしょうか?それとも新たな道を探すべきでしょうか?


    以下、ネットの反応

    確かに男女平等の観点からみると、その会社の制度は問題があるように思えるね。

    まずは上司にその思いを正直に伝えてみては?

    制服があること自体は一概に悪いとは言えないと思う。でも、男女で差があるのは納得いかないかも。

    君の価値観を大切にするのはとても大事。けれども、現実的には妥協しなければならない場面もあると思うよ。

    自分の心地よさを優先するなら、他の職場を探すのも一つの選択肢だと思う。

    試用期間中は会社のルールに従うべきだと思う。その上で正式採用後に改善を提案するのはどうだろう?

    試用期間が終われば、それなりの影響力が手に入るかもしれない。そのチャンスを逃すのはもったいない。

    会社のルールには従うべき。でも、女性だけに制服を着せるのは明らかに差別だね。

    コメント

    1. 「私服」のレベルが問題。スーツだったら何も問題ないだろう。
      一般職なら制服は着た方がいいかも。

    2. そんな会社がいまだにあるとは、、、暗黙のうち・意識しないうちに女性の立場が弱い可能性があるぞその会社

    スポンサーリンク
    スポンサーリンク