アンテナ

    珍しい従兄弟のお嫁さんの話、他にもこんな人いる?

    スポンサーリンク
    スポンサーリンク

    従兄弟の家族は都心で中小企業を経営しており、そこそこ裕福な家庭です。従兄弟は三人兄弟で、彼は三男坊です。家族は近所に住んでおり、なかば全家庭同居状態といった感じです。お姑さん(私の叔母)は元気で面倒見のいい人ですが、さすがにちょっと疲れ気味の様子です。

    さて、従兄弟のお嫁さんですが、彼女は結婚前から少し変わった性格の持ち主でした。彼女は従兄弟の家によく泊まりに来ており、家族行事があるときに私が挨拶に行くと、昼間なのにリビングでパジャマ姿でご飯を食べていることがありました。初対面の挨拶を無視されるなど、少し困った態度を見せていました。

    彼女は大卒で、ど田舎出身でオタク趣味があるそうです。見た目も少し個性的で、そのせいか周囲の人たちも彼女に対して戸惑っていました。

    結婚後、子供が生まれましたが、彼女の行動は相変わらずで、同居ではないのに朝からパジャマ姿でリビングでくつろいでいることがありました。彼女は毎日従兄弟の家に来ており、赤ちゃんの離乳食から自分たちの食事まで全て叔母任せだそうです。ちなみに生活費の一切は叔父が出しています。

    彼女は赤ちゃんに重低音で謎の言葉を叫んでいたり、会社関係のパーティーに部屋着+ノーブラで出現したり、畳にスライディングするなど、驚くべき行動がたくさんあります。それでも、彼女は教育ママになりたいらしく、知育には熱心です。

    最近、他の家庭でもこのようなお嫁さんの話を聞いたことがあり、今はこんなお嫁さんが増えているのかと興味津々です。私自身は20代後半の独身専門職で、この話題には大変興味を持っています。皆さんはどのよう思いますか?

    コメント

    スポンサーリンク
    スポンサーリンク