【無能】岩手県「少子化対策が急務…そうだ、カップルはこれで好きなもん食って来い!」

スポンサーリンク
スポンサーリンク

岩手県が人口減少に立ち向かうために、新しい試みを始めたようです。

達増拓也知事は、人口問題対策本部会議で2024年度予算案を確認しました。

この会議では、人口減の原因を深く分析し、対策を練ることが話されました。

しかし、知事は政策だけでは人々の心を動かすことはできないと強調し、情報発信の工夫を呼びかけました。

2024年度からは、地域振興室と各広域振興局に人口減対策を担当する特命課長を設置。

さらに、結婚サポート組織「i-サポ」のマッチング機能を強化し、交際が成立したカップルには食事券(5000円程度)を配布するとのこと。

女性の社会進出支援策としては、ITスキルの習得から県内企業での就業までをサポートする女性デジタル人材育成プロジェクトを新たにスタートします。

達増知事は、日本の地方の生活文化が国際的に評価されていることにも触れ、「日本の地方の魅力と価値を発信していきたい」と語りました。岩手県のこのような取り組みが、人口減少という大きな課題にどのような影響を与えるのか、注目されます。

岩手県、交際カップルに食事券 人口減対策で本部会議 - 日本経済新聞
岩手県は13日、人口問題対策本部会議を開き、2024年度予算案に盛り込んだ政策などを確認した。達増拓也知事は「人口減の要因分析は深まり、政策もそろってきた。しかし人の心を動かさないと(予算執行の)効果は出ない」と述べ、情報発信の工夫を呼びかけた。24年度、県は地域振興室と各広域振興局内に人口減対策を担当する特命課長を置...

以下、ネットの反応

食事券でカップルを増やせるのかな?ちょっと疑問。

これはいいアイデア!地方の活性化につながるかも。

女性のITスキル習得支援は時代に合ってると思う。

食事券って…もっと根本的な解決策はないの?

岩手県の取り組み、他の県にも広がればいいのに。

人口減少対策はこれだけじゃ足りない気がする。

地方の魅力を発信するのは大事。もっと評価されるべき。

結局、若者が地方に残る理由が必要だよね。

岩手県、頑張ってる!応援したくなる。

政策って実際のところ効果あるのかな…結果が見たい。

1 コメント
Oldest
Newest Most Voted
Inline Feedbacks
コメントをすべて表示する
名無しの欠片
3 months ago

超田舎の焼肉屋さんの横にラブホあったの思い出した

スポンサーリンク
スポンサーリンク
1
0
Would love your thoughts, please comment.x