アンテナ

    【悲報】元SEALDs牛田くんの末路

    スポンサーリンク
    スポンサーリンク

    最近、元SEALDsの牛田悦正氏が、リベラル派が劣勢にある理由について話しました。彼は、自民党が少数の支持で勝っている現状や、野党の分裂について言及しました。また、安保関連法案に反対する運動を行ったSEALDsの活動についても触れ、その時の経験を語りました。牛田氏は、社会構造を学ぶ中でリベラルな考えに傾いたと述べ、当時の運動が大きくなるにつれて、周囲の反応も変わっていったと振り返っています。

    この話題について、皆さんはどう思いますか? リベラル派が劣勢にある理由や、政治的なスタンスについての意見を聞かせてください。

    元のニュースはこちら
    以下、ネットの反応

    リベラル派が劣勢なのは、日本の政治状況が変わってきているからだと思う。

    政治は多様な意見があっていい。リベラル派ももっと声を大にしてほしい。

    自民党の支持が多いのは、安定した政治を求める人が多いからでは?

    野党がバラバラなのが問題。まとまりがないと影響力が出ない。

    社会構造を理解するとリベラルになるのは自然な流れかも。

    リベラル派が劣勢なのは、日本の伝統や文化を重んじる人が多いからだろう。

    SEALDsの活動は一時的だったけど、影響は大きかったと思う。

    政治的なスタンスは人それぞれ。リベラル派も保守派も必要。

    リベラル派がもっと前に出てくると、政治が活発になるかも。

    日本の政治は変わりにくい。新しい考えが受け入れられるのは難しい。

    コメント

    1. パヨチンがゴミだから
      自民内のリベラル派に投票

    2. 今のリベラルは高学歴であっても国会議員であっても、自分の主義主張のレベルが「左のネトウヨ」のレベルであることを自覚してないからどうにもならない。

    3. リベラルとパヨクは全然違う
      自民がポンコツ過ぎるから正しい左派が出てきてほしい

    スポンサーリンク
    スポンサーリンク