アンテナ

    【京アニ事件】犯人は死刑になるの?

    スポンサーリンク
    スポンサーリンク

     先日、京都アニメーション(京アニ)の事件について知り、その後の裁判について考えていました。犯人が死刑にされる可能性はどれくらいあるのでしょうか。個人的には、その可能性は低いと感じていますが、みなさんはどうお考えでしょうか?

     このような痛ましい事件後の刑罰について、公の場でどう考えるべきかも気になっています。


    以下、ネットの反応

    このような事件だからこそ、死刑は適応されるべきだと思う。

    日本の法律では死刑にするには色々と条件が厳しいから、可能性は低いかも。

    死刑だと犯人が楽に死んでしまう。一生苦しむべきだ。

    でも、死刑があるからこそ犯罪を抑制する効果もあると思うよ。

    日本は死刑制度があるけど、実際にはあまり執行されていない。

    そもそも死刑自体、人権侵害に当たるんじゃないか。

    こんな犯罪を犯した人に人権なんて考えられない。

    でも、死刑制度がある以上は、それに則って裁かれるべきだ。

    痛ましい事件だけに、罰をどう科すべきかは難しい問題だ。

    確かに、一生の刑にして社会から永遠に隔離するのも一つの方法かも。

    コメント

    1. アニメファン公開監視の場でトロ火で、ゆっくり火炙りの刑で。

    2. これ無罪になりそうなの?
      シケイ以外あり得ないと思ってた
      なんでなの?
      というか、やっぱりシケイ以外あり得ないでしょ
      これが無罪になるんだったら、全ての犯罪が無罪になるよ
      これのためにガソリン用意して計画的で突発や衝動ではないし、事故でもないし、もちろんサツイ有り有りだし、少し頭悪くてもガソリンに火を近付けたらどうなるかは確実に分かってやってるし
      例えばおかしな人が居て何も持たずに暴れて誰かに怪我負わしたけど無罪なら分かるけどガソリンまいて火を付けるのはある程度頭使わないと無理だよ

    3. >>2
      無罪になるなら心神喪失で責任能力がないために罰する事ができないくらいじゃないと無理
      普通に行ったら極刑
      検察は精神鑑定を行なっているだろうから精神状態が正常なら極刑を求刑するはず
      責任能力というのは罪を自覚する能力のことで、罪を自覚できない者に罰を与えても更生を促すことはできないという趣旨で心神喪失という制度が置かれている
      心神喪失によって無罪となった者は最長5年入院させられるけど

    スポンサーリンク
    スポンサーリンク