アンテナ

    【地獄】深く考えずに、与えられた選択肢から選ぶ顧客は良い顧客か

    スポンサーリンク
    スポンサーリンク

    最近、商売について考えていて気づいたのですが、成功するためにはある程度、顧客の無知を利用する側面があるのかもしれません。

    例えば、商売をする相手が全て理知的で、商品やサービスに対する考え方が深いと、必然的に企業は価格競争に巻き込まれ、利益が薄くなる可能性があります。

    一方、深く考えずに、与えられた選択肢から選ぶ顧客は、企業にとってはより取引がスムーズに進むでしょう。

    これは一見、不道徳な商法に見えますが、企業にとっては生存のための戦略の一部かもしれません。商売において、そういった側面を無視することはできるのでしょうか?


    以下、ネットの反応

    同感。結局、ビジネスってそういう部分があるよね。

    うーん、でもそれって企業のモラル問題じゃない?

    それは顧客が賢くなるべき、という話では?

    無知を利用するのはどうかと思うな…。

    まあ、でもそんな現実もあるのかもね。

    商売って、そんなに簡単なものじゃないよ。

    うーん、でも消費者側も自己防衛する知識が必要だよね。

    それなら消費者教育を重視するべきだね。

    結局、企業も生き残りをかけて戦ってるんだから、仕方ない部分もあるのかも。

    でも、そんな企業には買い物したくないな。

    コメント

    スポンサーリンク
    スポンサーリンク