アンテナ

    【地獄】独身時代とは違う、子育て中の金銭感覚

    スポンサーリンク
    スポンサーリンク

    子育ての経済面について考えさせられています。あなた方は、子どもへの支出にどのような感情を持っているのでしょうか?
    私自身は、子育ての経済面に厳しさを感じています。子どもの衣料品にかかる費用は、どうしても安くは抑えられません。子どもたちが成長するにつれて、サイズアウトや破損による追加の出費が必要となります。

    さらに、子どもたちは学校と並行して3つの習い事にも参加しています。その中の一つであるピアノを練習するための電子ピアノが壊れ、現在の財政状況では修理にかかる費用を捻出するのが難しい状況にあります。

    これに加えて、私自身は現在在宅で働きながら、アンケートサイトなどを通じてわずかな収入を得る日々を過ごしています。

    子どもを望んで出産しましたが、その責任とともに金銭面での辛さも感じています。私が自身のお金を子どもに使うことに対して感じている苦しみや負担感は、他の皆さんはどのように乗り越えているのでしょうか?

    教育費など、これから増えるであろう子どもへの出費に対して前向きになるためには、どう考え方を変えれば良いのか、皆さんの意見や経験をお聞かせいただけると幸いです。


    以下、ネットの反応

    子育てにお金がかかるのは事実だよな。でもそれも覚悟の上で産んだんだろ?

    親としては子供に最高のものを提供したいと思うのは当然だよね。でも現実は厳しい場合もある。

    一方で、子どもに物質的な豊かさだけを与えるのではなく、愛情や教育を重視する人もいると思う。

    子供の成長と共に出費も増えてくるのは確か。だけど、それも子供のためと割り切るしかないかな。

    全ての子供がピアノを習い事でやりたがるわけじゃないし、無理に高額なものを買わなくてもいいのかもしれない。

    ピアノ壊れちゃったんだ。それは厳しいね。でも、修理するところや中古の電子ピアノを探してみるとかどう?

    お金の苦労は、子供にとっても良い教育になることもあるから、適度には伝えてもいいと思うよ。

    親が辛いと感じていることを子供にそのまま伝えるのは難しいかもしれないけど、お金の価値については教えていくことも大事だよね。

    コメント

    1. 服は安いのを書い回せば良いだろ
      中古のブランド服でも良い

    2. この国には
      お下がり
      という言葉があってだな

    3. >子どもたちは学校と並行して3つの習い事にも参加しています。
      やらせすぎ
      >子どもの衣料品にかかる費用は、どうしても安くは抑えられません。
      リユース品使いまわせ
      収入・支出の詳細わからないけどピアノの修理代も出せないくらい困窮してるって工夫が足りてないと思う

    スポンサーリンク
    スポンサーリンク