自己認識の葛藤、友人のLGBT体験から・・・

スポンサーリンク
スポンサーリンク

私の友人に、LGBTの一部であるトランスジェンダーの男性がいます。彼は「自分は女性として認識している」と言い、女性用の浴場に入ることを選びます。
彼が男性用の浴場に入ると、彼自身が違和感を覚えるようです。しかし、ここで私が疑問に思うのは、自身の裸体を見てもそのような感情が湧き上がらないのなら、男性用の浴場に入るのはどうなのか、ということです。

これについて彼に直接尋ねると、「それは違う」と言います。しかし、私は理解できません。女性の裸体を見ることが目的ではないのでしょうか?

この問題については非常に複雑で、私自身も答えを見つけることが難しいです。皆さんの意見を聞いてみたいです。


以下、ネットの反応

性自認は個々の心の問題だから、他人が理解できなくてもそれはそれでOKじゃない?

でもさ、公共の場では配慮が必要じゃない?女性側が不快に感じることもあるかもしれないよ。

LGBTの理解はまだまだ社会全体で必要だよね。教育が必要だと思う。

確かに難しい問題だけど、彼が女性として自認しているなら、それを尊重すべきだと思う。

ただ単に女性の裸を見たいという理由だとは思えないな。もっと深いところに理由があるんじゃない?

トランスジェンダーの人々がどんな感じているのか、自分には全く理解できないけど、尊重は必要だよね。

性別を自認する感情は、他人に説明するのは難しいだろうな。もっと広く議論するべき問題だと思う。

公共の場所の問題は難しいな。誰もが気持ち良く利用できる環境をどう作っていくか、それが問題だよね。

2 コメント
Oldest
Newest Most Voted
Inline Feedbacks
コメントをすべて表示する
ななしの欠片
9 months ago

公序良俗に反しない範囲で生活して貰いたい
LGBT+が一種の不幸であり差別をしてはいけないということと、彼らのその性癖に沿った行動が自由に取れないということは別次元の話
人格を否定しない代わりに彼らも生活を世間の常識に合わせて貰いたい

ななしの欠片
9 months ago

差別先進国の海外で必要になった法律をこれまで全体の調和を第一に考え実践してきた日本に適用しようという傲慢不遜。犯罪率何%まで上昇許容するつもりなの?

スポンサーリンク
スポンサーリンク
2
0
Would love your thoughts, please comment.x