結婚相手に対する要求、どこまでが許容範囲?

スポンサーリンク
スポンサーリンク

最近、婚活の現場でよく目にする「努力とお金を求める婚活女性」についての意見があります。彼女たちは、「妊娠出産時に働けないから、高収入の人じゃないと」と言っている一方で、実際には家事手伝い(実質ニート)の状態で働いていない人も少なくありません。彼女たちが何を勘違いしているのでしょうか?

妊娠する前であれば、彼女たちも働くことができるはずです。子育てが落ち着いた後も、再び働くことが可能です。しかし、最初から働かないと決めつけている彼女たちは、一体どのような考えを持っているのでしょうか?もしかして、結局は男の金で楽したいだけなのでしょうか?

もちろん、すべての婚活女性がそうではないことはわかっています。しかし、そのような人たちがいることは事実です。結婚に向けて努力する姿勢やお金を求める理由が正当であれば、理解もできますが、働かずに男性に頼りきるだけの考え方には疑問が残ります。

私たちが結婚を考える際、相手のスペックや経済力も確かに重要ですが、互いに努力し合い、支え合っていくことが大切だと思います。どうか、婚活の現場での過度な要求について、皆さんも考えてみてください。


以下、ネットの反応

確かに働かないで高収入を求めるのはちょっと勘違いしてると思うけど、みんなそれぞれ事情があるんじゃない?

働かないで楽したいだけの人もいるけど、それを全ての婚活女性に当てはめるのはちょっと違うと思う。

そうだね、結婚相手を選ぶ基準は人それぞれだし、何が正しいとか間違いとかはないと思う。

でも、お金だけを求めるのはちょっとね。結婚は相手と共に努力して築いていくものだと思う。

結婚における男女の役割が変わってきてるから、今の時代は双方が協力し合って生活を築くことが大事だよね。

働かない婚活女性を一概に否定するのは違うと思うけど、もう少し自分の立場を考えて現実的な要求をすべきだと思う。

働かない女性だって、家庭のことをしっかりやってる人もいるし、役割分担っていうのもあるんじゃない?

婚活って結局、相手との価値観のすり合わせが大事だと思う。相性が良ければ、お互いの要求も理解し合えるはず。

お金だけじゃなく、相手の性格や価値観も大事だと思う。お金があっても幸せじゃない場合もあるしね。

最終的には、自分がどんな人と結婚したいか、どんな生活を送りたいかを考えることが大事だと思う。

0 コメント
Inline Feedbacks
コメントをすべて表示する
スポンサーリンク
スポンサーリンク
0
Would love your thoughts, please comment.x