アンテナ

    長女が過去の苦労を埋めるためカウンセリング費用を要求、どう対処すべき?

    スポンサーリンク
    スポンサーリンク

    私は4人の子供の父親であり、離婚後に長男と長女を引き取り、元妻は次男と次女を引き取りました。離婚直後は経済的にも精神的にも困難な時期で、長男と長女には月2万円の食費と家事を任せる生活を強いていました。その頃、私はストレスを解消するために毎晩たくさんのお酒を飲んでいました。

    それから10年以上経ち、私の経済状況は改善しました。しかし、次女が地方の私立大学に進学することを決めた際、長女との関係に亀裂が入りました。長女は自分が学生時代に厳しい生活を送ったのに、次女には何でも与えていると感じ、不公平だと言います。

    長女は、往復3時間かけて通学しながら、2万円では足りない食費や携帯代をバイトで稼いでいました。一方、次女には家から通える大学や携帯代を支払っています。長女は過去の苦労を埋めるためにカウンセリング費用を私に支払って欲しいと言います。

    私は長女に対して、その要求は常識外であると伝えましたが、彼女は納得していません。私は過去にできる限りのことをしたつもりでいるため、長女の言葉にショックを受けました。今後、孫に会う機会も失うかもしれないと心配しています。

    私は娘との関係を修復し、理解し合いたいと考えています。しかし、どのようにアプローチすべきか分からず悩んでいます。長女に感謝されず、不公平だと言われることに対して、私も腹が立っています。それでも、私は娘との関係を大切にしたいと思っています。どうすれば娘と分かりあえるのでしょうか。

    コメント

    1. 長女の気持ちわかりますよ。
      あなたが酒に溺れていた時に、引き取った子供たちに対して苦労を掛けていたわけですよね?
      どんなに辛くても子供たちはあなたのように酒で気を紛らわすことはできませんしその状況から逃げることもできない。
      あなたより辛かったのではないでしょうか。
      カウンセリングの費用を請求されたのでしたらできる限り要望に応えるべきだと私は思いますよ。
      当然、あなたが大変だったこともある程度は理解していると思いますので、まずはしっかりと親子の会話をするのがいいかと思います。

    スポンサーリンク
    スポンサーリンク