【新宿タワマン殺人】和久井容疑者が「空白の1年間」で別の女性に行っていた「6件のストーカー行為」

スポンサーリンク
スポンサーリンク

新宿のタワーマンション前で発生した悲惨な事件について、ライブドアニュースは詳細な報告を行っています。

被害者の平澤俊乃さん(25歳)は、首などを刺されて亡くなりました。逮捕された和久井学容疑者(51歳)は、平澤さんに対し大金を貸していたと述べ、金銭的な絡みが犯行につながったことを示唆しています。

事件の背景には、和久井容疑者の一方的な感情や、彼による他の女性へのストーカー行為があったと報じられています。

和久井容疑者は過去にもストーカー行為を行っており、警察は複数回にわたって警告を発していました。

しかし、平澤さんに対する行為が止まったかのように見えた一年間、実は他の女性に対して同様の行動を取っていたことが判明しています。この「空白の1年間」には少なくとも6件のストーカー行為があり、その被害者は複数名存在します。

公表された情報によると、和久井容疑者は平澤さんとの関係について、周囲に結婚を控えていると話していたそうですが、実際には交際の事実はなく、平澤さんからは金銭を前払いとして受け取ったと説明されています。

和久井容疑者は「騙された」と感じており、それが彼の行動をエスカレートさせた一因かもしれません。

この事件に対するネット上の反応は様々で、一部には和久井容疑者に同情的な声も上がっていますが、犯行に至った経緯を考えると単純な被害者とは言えないでしょう。

今回の事件は、表面的な情報だけでは解明できない多くの不透明な点を含んでいることが伺えます。

【新宿タワマン殺人】和久井容疑者が「空白の1年間」で別の女性に行っていた「6件のストーカー行為」 - ライブドアニュース
新宿のタワマン前で女性が刺されて死亡した事件について、FRIDAYが伝えた。逮捕された男は、2023年以降、女性へのストーカー行為をしていないとされる。だがその間、複数の別の女性にストーカー行為をしていたとみられている


以下、ネットの反応

これって結婚詐欺かなんか?

金銭トラブルは怖いな、人を変える

どっちもどっち案件じゃね?

刺された方が100%被害者ってわけでもないのか…

こんなんでストーカーって、金返せよって話

そりゃあなた、そんな金額だと怒りもわくわ

ストーカーって言っても色々あるんだな

愛とお金の問題、最悪の組み合わせ

このストーカー、ただの恋愛じゃん

みんな冷静に!話は聞こうよ

0 コメント
Inline Feedbacks
コメントをすべて表示する
スポンサーリンク
スポンサーリンク
0
Would love your thoughts, please comment.x