【悲報】ガス点検のおじさん「(夫のことを)ご主人」と呼んだ結果

スポンサーリンク
スポンサーリンク

先日、ガスの点検に来た方が、私の夫を「ご主人」と呼んだんです。

その瞬間、彼も私も内心で「あ、言っちゃったな」と思いました。

その方が帰られた後、夫が「ご主人って言ってたね」と話し始め、ちょっとガス会社に電話してみることにしました。

「主従関係みたいで、そう呼ばれるのは嫌だ。僕と妻は対等な関係なんだ」というわけです。

特に若い世代の男性が、このような意識を持つことは重要だと思います。

以下、ネットの反応

若い世代の意識改革、素晴らしい!

でも、そんなに気にすること?

夫婦平等、大事な話だよね。

昔ながらの言葉遣いも大切にしたい。

こんな夫欲しい!

言葉ひとつでこんなに騒ぐなんて…

対等な関係が基本だよね。

伝統的な呼び方も尊重してほしい。

これからの夫婦のあり方の一例かも。

別に悪意があってのことじゃないし、過剰反応じゃない?

3 コメント
Oldest
Newest Most Voted
Inline Feedbacks
コメントをすべて表示する
名無しの欠片
1 month ago

しかもその底辺労働者は、あろうことか、午後ティーをおもむろに取り出して、私達に見せつけるようにして一口、さらに大きく二口目を煽りました。
うっわぁ、この人やっちゃったな……旦那と顔を見合わせ、互いに首を振ります。レッドカード3枚は出したい気分でした。
でもそれはできないので、代わりに私自身の口に、底辺労働者が首にかけていたタオルをねじ込んでやりました。
この蛆虫は、企業がご丁寧に”午後”ティーと書いているのが見えないんでしょうか?? 中卒だから読めなかったの? きっと親も中卒なんでしょうね。もしくは親がいないか
ですが何事も、本人の努力でなんとでもなったはずです。大人として情けないと世間に詫び、もちろん命を絶つべきです。このような人がいるなんて信じられません。理解できません。今でも思い出すとぞっとします
底辺労働者は、顔をしかめて私達を見ています。「大丈夫ですか……?」。いや、あなたが大丈夫ですか??(笑)
それから夫は口を押さえて飛び出し、私は悲しみのあまりうずくまって泣いてしまいました。
現状を理解できず、あわあわとみっともなく慌てふためく底辺労働者。
それから私たちはすぐさま飛行機のチケットを取って、直接本社に赴きました。社長は留守とのことでしたが、5時間にも渡って経緯を説明してあげることになりました。まさか本社の社員まで、あんなにも常識がないとは思いませんでした。
私たちにとっては至極当たり前で簡単なことですが、今の世の中はこれほどまでに物事に対する意識が欠けているのでしょうか……。
まったく、今日は疲れました。散々です。

名無しの欠片
1 month ago

言葉狩りめんどい

名無しの欠片
1 month ago

でも、生活費を対等に負担してる妻は日本は世界最低w寄生虫が偉そうにw

スポンサーリンク
スポンサーリンク
3
0
Would love your thoughts, please comment.x