アンテナ

    【セクシー田中さん】相沢友子さん脚本の次期ドラマ『たーたん』、放送はどうなる?

    スポンサーリンク
    スポンサーリンク

    日本テレビで放送された『セクシー田中さん』の話題が、今、多くの人の間で大きな議論を呼んでいます。

    このドラマの原作者、芦原妃名子さんが亡くなった後、漫画家たちがSNSで声を上げ、日本テレビと小学館に対する批判が高まっています。

    特に、ドラマの脚本を担当した相沢友子氏が、芦原さんへの追悼の言葉をインスタグラムに投稿したことが話題に。

    しかし、その後、投稿に対する反省の意を表し、アカウントの削除を予告しました。

    日本テレビと小学館は、この問題にどう対応していくのか、多くの人が注目しています。

    日本テレビは芦原さんの逝去後にコメントを発表しましたが、その内容が誠実さを欠いていると批判されています。

    一方、小学館は、この件に関する情報の社外発信を控える方針を示しています。

    さらに、小学館が発行する別の漫画『たーたん』が、4月から日本テレビでドラマ化される予定であることも明らかになりました。

    しかし、『セクシー田中さん』の問題を受け、その情報解禁が一時見送られることに。

    このような状況の中、日本テレビと小学館の今後の動きに、多くの人が注目しています。

    【独占スクープ】「セクシー田中さんと同じプロデューサーで」芦原妃名子さんが亡くなった問題で批判殺到の日本テレビと小学館、“逃げ対応”のウラに4月の“大人気マンガ”ドラマ化 | 週刊女性PRIME
    『セクシー田中さん』の原作者、芦原妃名子さんが亡くなった問題。多くの漫画家が声をあげ、ドラマを放送した日本テレビと小学館は激しい批判にさらされている。身動きが取れないのは、2か月後に“再タッグ”が予定されているからで…。

    以下、ネットの反応

    芦原さんへの追悼がこんな形で話題になるなんて悲しいね

    日テレと小学館、もっとちゃんと対応してほしい

    脚本家の反省、真摯に受け止めたい

    なんでこんなに批判されてるの?内容をちゃんと知りたい

    作家を守る体制が必要だよ、出版社はもっと責任を

    『たーたん』のドラマ化、楽しみにしてたのになあ

    この問題、漫画業界全体で考えるべきだね

    日テレも小学館も、もう少しファンの声を聞いてほしい

    インスタでの発言、人を傷つけることもあるから気をつけて

    次のドラマはどうなるんだろう、注目してる

    コメント

    1. 西きりこさんの作品?
      関係者がきちんとお互いに決めて納得されてるなら別にいいと思いますが?

    スポンサーリンク
    スポンサーリンク