【悲報】憎むべきは痴漢や盗撮なのに、私人逮捕系を叩く風潮

スポンサーリンク
スポンサーリンク

 最近、痴漢や盗撮といった犯罪行為よりも、私人逮捕を行う人たちが批判の対象になっている風潮について、どう思いますか?

 本来、私たちが憎むべきは痴漢や盗撮を行う犯罪者のはずです。しかし、犯罪を未然に防ごうとする市民が批判される現状に疑問を感じます。皆さんの意見を聞かせてください。


以下、ネットの反応

痴漢をとらえる勇気ある行動を非難するのはおかしい。

でも、私人逮捕は誤認のリスクもあるから、批判されるのも理解できる。

痴漢被害者を守るためにも、私人逮捕は必要。

私人逮捕がエスカレートすれば、別の問題が生じるかも。

正義のために立ち上がることは評価すべき。

ただの市民が法を執行するのは危険。

痴漢対策は警察に任せるべき。

被害を目の当たりにしたら、介入するのは当然。

市民が法を守る姿勢は大切。

私人逮捕は過剰反応かもしれない。

2 コメント
Oldest
Newest Most Voted
Inline Feedbacks
コメントをすべて表示する
ななしの欠片
7 months ago

その場に偶然出くわしてってことなら一般的にもよくある話
一概に私人逮捕が悪いわけじゃないし、咎められる行為でもない。けど、それを動画化してSNSや動画サイトに投稿したりしている時点で、「痴漢を捕まえたりする行為」が収益や知名度、承認欲求のための「材料や演出」になっとるから叩かれるんやろ
偶然出くわしたとしても、粛々と駅職員に引き渡してほなさいならっていう私人逮捕は別にいいんちゃう?

ななしの欠片
7 months ago

「相手が悪人だから」「自分の行いは正義だから」何をやってもいいというのはテロリストの発想
↑でも言ってるけど正義感じゃなくて承認欲求でヒーローの物真似するような奴を野放しにしたら
さらなるトラブルの火種にしかならんわ

スポンサーリンク
スポンサーリンク
2
0
Would love your thoughts, please comment.x