アンテナ

    自分の経済力VSパートナーの経済力、どっちが重要?

    スポンサーリンク
    スポンサーリンク

    わたしは今年で28歳、仕事も順調で充実した日々を送っています。しかし、私自身の家庭環境の経験から経済力のあるパートナーを選びたいと思っています。父はお金を得る力がなく、簡単に人に騙されるような人でした。その結果、母はいつも苦労していました。そのため、自分が結婚する際には経済的に安定した、尊敬できるパートナーが必要だと感じています。
    パートナーを選ぶ基準として、その人の収入や学歴、職業を考慮せざるを得ません。もちろん、高収入だけれど思いやりがない男性もいることは理解しています。そういった人を避けるために、私自身も見る目や人間力を磨くことを日々心掛けています。

    もちろん、自分が経済的に自立するのが理想ですが、それにはまだ時間が必要だと感じています。パートナーに経済力を求めることが、男らしさとリンクしてしまっていると感じている部分もあります。

    だけど、見た目や趣味、好みといった点で人を選ぶのが一般的なのと同じように、経済力でパートナーを選ぶのも私にとっては重要な要素だと思っています。しかし、経済力を選ぶとなるとなぜか周囲からは批判の声が上がります。

    私にとって、似た収入の男性と結婚するメリットが見えません。それは、結婚したいと思う人にまだ出会っていないからかもしれません。また、子どもが欲しいと思えないのも大きな理由の一つです。

    でも、経済力がある男性と結婚すれば、子どもを育てる選択肢が広がります。自分自身の育った環境を思うと、子どもには良い教育を受けさせてあげたいと思います。また、私自身が子供のころ経済的に苦労した経験があるため、自分の子どもに同じ経験をさせたくありません。

    わたしはどうすればいいのでしょうか?今年で28歳となり、焦りを感じています。


    以下、ネットの反応

    全く問題ないと思います。経済力は確かに重要なパートナーの要素の一つです。本人が納得しているならそれでいいじゃないですか。

    でも経済力だけで人を選ぶっていうのは、ちょっと表面的すぎる気がするんですよね。愛情はどうなのかって気もします。

    だって誰だって豊かに暮らしたいじゃないですか。パートナーに求める条件として経済力を上げるのは当然だと思いますよ。

    でも、経済力があるからと言って、その人が必ずしも幸せをくれるわけじゃないですよね。大切なのは、お金ではなく、その人との相性だと思います。

    私も同感です。自分が楽な生活を送れるように、経済力は大切。それを批判する人たちは現実を見ていないんじゃないかと思います。

    その一方で、お金がすべてではないという考え方もありますよね。感情や相手への尊重なども重要な要素だと思います。

    なんだかんだ言っても、安定した生活は誰もが望んでいること。それを求めるのは自然なことだと思います。

    でも、それってある意味で見返りを求めてるようなものだから、恋愛感情とはちょっと違うかも…。

    自分の価値観を大切にして、自分のために最善の選択をすることが大事だと思います。その基準が経済力ならそれでいいと思いますよ。

    でも、お金がないからって人を判断するのはちょっと…。結局、お金のある人と結婚するというのは表面的すぎると思うなぁ。

    コメント

    スポンサーリンク
    スポンサーリンク