小学生の頃、授業中にパンを食べて先生に怒られた話

スポンサーリンク
スポンサーリンク

小学生の頃、私は給食の時間に食べきれなかったパンを机の中に入れておいて、お腹が空いたら授業中にこっそり食べていました。

ある日、つい食べてしまったその瞬間、先生に「授業中はパンを食べてはいけません」と注意されました。

それが初めての経験で、授業中に食べ物を食べることがいけないと知ったんです。

それからは休憩時間に食べようとしたら、今度は「給食以外の時間にパンを食べてはいけません」と新たなルールが告げられました。

困ってしまって、結局はパンをよく腐らせてしまいました。

これについては、後に保護者会で「机の中にパンを置きっぱなしにしないように」と親に指導が求められました。大学生になってこの話を友達にしたら、「特殊学級か何か?」と驚かれましたが、これが私の小学生時代の珍しい思い出です。


以下、ネットの反応

特殊学級ってレベルじゃねーぞ

小学校のルール意味不明すぎる

俺の時は普通に休み時間に食べてたけどなあ

保護者会でパンの話するって、それしか問題なかったの?

パンを腐らせるってどんだけ放置してたんだよ

食べるタイミングがないのは確かに問題だな

給食のパンって美味しいから惜しいよな

先生ももうちょっと何とかしてやれよ

子供の頃って本当に細かいルール多すぎ問題

大学生になってもこれ引きずってるの笑える

2 コメント
Oldest
Newest Most Voted
Inline Feedbacks
コメントをすべて表示する
名無しの欠片
1 month ago

小学校の頃は変なルールが多かったなぁ。意味があろうがなかろうが「ルールを守る」ことを叩き込むのが目的なのかなとか思ったり。

名無しの欠片
21 days ago

それまでも『こっそり』食ってたって事は堂々と食える状況ではない事を理解してた確信犯だろ
1時間毎に休憩有るんだからそん時食えばいい話だし、そもそも給食のパンなら家持って帰れ

スポンサーリンク
スポンサーリンク
2
0
Would love your thoughts, please comment.x