アンテナ

    【悲報】ルッキズム問題、テレビでの「ハゲネタ」が消える

    スポンサーリンク
    スポンサーリンク

    最近、お笑い芸人たちが外見を笑いのネタにすることが「ルッキズム」(外見に基づく差別)とされ、テレビ出演が減っているというニュースがあります。特に「ハゲネタ」で知られるトレンディエンジェルなどが影響を受けているそうです。これにより、彼らの仕事が激減し、収入も大幅に減少しているとのこと。皆さんはこの状況についてどう思いますか?

    テレビ界では「ハゲ」「チビ」「ブス」「オカマ」などのイジリがNGになっているようです。これは、人を傷つけない笑いを求める風潮の表れかもしれません。しかし、これによって多くの芸人が影響を受けているのは事実です。皆さんは、このような変化に賛成ですか、それとも反対ですか?

    元のニュースはこちら
    以下、ネットの反応

    外見を笑いのネタにするのは時代遅れだと思う。

    でも、芸人たちの自由な表現が制限されるのは悲しい。

    人を傷つけない笑いを目指すのはいいことだ。

    昔からのお笑いのスタイルも大切にしてほしい。

    ルッキズムに敏感になりすぎている気がする。

    芸人たちの収入が減るのは心配だ。

    笑いのネタにルールが多すぎると、面白くなくなる。

    時代に合わせて変わるのは仕方ないこと。

    外見をイジるネタはもう古いと思う。

    芸人たちの創造性を信じて、もっと自由にさせてほしい。

    コメント

    スポンサーリンク
    スポンサーリンク