アンテナ

    【悪夢】2025年に開催される大阪・関西万博さん、トイレや電気が間に合わない可能性

    スポンサーリンク
    スポンサーリンク

    2025年に開催される大阪・関西万博に関して、トイレや電気が間に合わない可能性が話題になっています。万博会場となる大阪湾の人工島・夢洲には、現在、下水道や電力などのインフラが整っていない状況です。大阪港湾局は、上水・下水の整備が2024年度中に完了する予定であると回答していますが、SNSでは、トイレや電気がない万博に対する不安の声が上がっています。

    このような状況で、万博の開催がどのように進むのか、皆さんはどう思いますか?

    元のニュースはこちら

    以下、ネットの反応

    万博開催に向けて、トイレや電気の問題は早急に解決すべきだ。

    こんな大イベントでインフラが整っていないのは心配。

    大阪港湾局の対応に期待。万博は大阪の顔だからね。

    トイレや電気がない万博なんて、考えられない。

    インフラ整備は万博の成功に不可欠。しっかりと準備してほしい。

    2025年までには何とかなるでしょう。心配しすぎかも。

    大阪万博の準備状況が気になる。インフラは大事なポイント。

    万博開催地のインフラ問題、もっと早く対応すべきだった。

    夢洲での万博、トイレや電気の準備が間に合うといいけど。

    大阪万博、インフラ整備の進捗が気になる。しっかりとフォローしてほしい。

    コメント

    スポンサーリンク
    スポンサーリンク