アンテナ

    【セクシー田中さん】脚本家さん、爆弾投下。「原作者には会いたくないんですよ、私が退治するのは原作であって原作者ではないので」

    スポンサーリンク
    スポンサーリンク

    日本シナリオ作家協会が、自らのYouTubeチャンネルで公開していた「原作者と脚本家はどう共存できるのか編」という動画を削除しました。

    この動画は、原作者と脚本家の関係について話し合う内容でしたが、公開後に出演者や関係者への誹謗中傷や脅迫があったため、協会は動画を削除するという決断をしました。

    この問題は、特に昨年10月に日本テレビで放送された「セクシー田中さん」という連続ドラマの原作者、芦原妃名子さんが急死したことで注目されています。

    芦原さんは、ドラマの脚本について局側と意見が合わず、最終的には自分で脚本を書くことになったと公表していました。

    彼女は、漫画を忠実に再現するという当初の約束が守られなかったことを明かし、視聴者に謝罪していました。

    この出来事は、クリエイティブな作業をする上での著作権や表現の自由、そしてそれらがどのように保護されるべきかという大きな問題を浮き彫りにしています。

    原作者と脚本家、さらには制作会社や放送局との間でどのようにバランスを取り、共存していくべきか、この事件は多くの議論を呼んでいます。

    日本シナリオ作家協会、動画「原作者と脚本家はどう共存できるのか編」削除 「誹謗中傷や脅迫等が…」(スポニチアネックス) - Yahoo!ニュース
    「協同組合日本シナリオ作家協会」が2日までにYouTubeチャンネル「【シナリオ作家協会チャンネル】公式」の動画を削除した。  日本シナリオ作家協会は、1月29日に「【密談.特別編】緊急対談:原

    以下、ネットの反応

    動画削除はやり過ぎだろ、議論すべきだった

    原作者の権利をもっと尊重すべき、完全に同意

    この問題、根が深いな。業界全体で考えるべき

    誹謗中傷や脅迫があったって、どこまで本当なんだろう

    芦原さんの件は本当に悲しい、もっと話し合いが必要だった

    動画削除は正解。問題はそこじゃない

    脚本家と原作者の共存、難しいけど重要な話題だね

    メディアの自由と責任、もっと真剣に議論すべき

    削除された動画、見たかったな。内容が気になる

    芦原さんへの追悼の意味も込めて、もっと話題にすべき

    コメント

    1. 対峙だろ
      退治すんなw

    2. 脚本家にとって原作が対峙するものなら、何故オリジナルを作らないのか?オリジナルを作れないのに対峙するって傲慢すぎる。

    3. いやーこのフェーズでこれが言えるあたり全て物語ってるな
      この業界に限らずポジショントークの恐ろしさが解らない人間が多すぎる

    スポンサーリンク
    スポンサーリンク