アンテナ

    【いじめ】いじめ重大事態3件 旭川市22、23年度 中2凍死受け公表

    スポンサーリンク
    スポンサーリンク

    旭川市が、2022年度と2023年度(1月末まで)にいじめ防止対策推進法に基づく重大事態が計3件あったことを発表しました。

    これは、2021年に中学2年生だった広瀬爽彩さんがいじめを受けて凍死した問題を受けてのことです。

    この発表は、その後初めての公表となります。

    いじめは、子どもたちの生活に深刻な影響を及ぼすだけでなく、最悪の場合、命を奪うことさえあります。

    旭川市のこのような発表は、いじめ問題に対する社会の認識を高め、防止策を講じることの重要性を改めて示しています。

    しかし、いじめを根絶するには、学校、家庭、地域社会全体での取り組みが必要です。

    いじめ重大事態3件 旭川市22、23年度 中2凍死受け公表:北海道新聞デジタル
    【旭川】旭川市は5日、いじめ防止対策推進法に基づく重大事態について、2022年度と23年度(1月末まで)で計3件あったと発表した。21年にいじめを受けていた中学2年の広瀬爽彩(さあや)さん=当時(14...

    以下、ネットの反応

    これを機に、いじめにもっと真剣に取り組むべきだ。

    いじめ問題は根深い。旭川市だけの問題じゃない。

    子どもたちの安全が最優先される社会になってほしい。

    いじめをなくすのは難しいけど、努力は必要。

    旭川市の取り組みを全国に広めるべき。

    いじめが原因で亡くなるなんて、許せない。

    学校だけでなく、家庭や地域も関わるべき。

    いじめを見て見ぬふりはもうやめよう。

    いじめ防止対策は、もっと具体的に。

    旭川市の勇気ある発表を支持する。

    コメント

    1. 重大事態って言うより、重大人権侵害殺人事件なのよ。
      公表遅いし、犯人を早く逮捕して世の中隔離して刑に服してほしい。

    スポンサーリンク
    スポンサーリンク