おすすめ記事

スタジオジブリの大ヒット作『千と千尋の神隠し』が16日、日本テレビ系『金曜ロードSHOW!』で放送され、平均視聴率が17.9%だったことが23日、わかった。
(ビデオリサーチ調べ、関東地区)。2017年1月以来9回目の放送となるがこれまで平均視聴率がすべて16%を超えており、今回も根強い人気を証明。

今回は、午後7時56分から64分拡大のノーカット放送された

主人公で10歳の少女・千尋が繰り広げる大傑作ファンタジーである同作は、日本の映画史上最高の興収を記録。2003年3月に米アカデミー賞の長編アニメーション映画賞、ベルリン国際映画祭の最優秀賞である金熊賞を受賞など海外でも高評価を受けた。
同枠での最高視聴率は、テレビ初放送時(2003年1月24日)に記録した46.9%(番組歴代最高視聴率)で圧倒的支持を得ている。

このほかにも『3週連続 夏はジブリ』として今後は第二夜『崖の上のポニョ』(23日)、第三夜『天空の城ラピュタ』(30日)をノーカット放送する。

https://www.iwate-np.co.jp/article/oricon/2142421


12019/08/19(月) 03:31:43.55ID:aKYn9q3SM.net
https://ytranking.net/blog/archives/12390

“分裂”でファンからの批判が相次いでいる「キズナアイ(A.I.Channel)」(登録者数267万人)ですが、ついに公式とキズナアイ本人から声明が出されました。

視聴者からの「NOサイン」
2019年6月に、外見は同じなものの別の声をした3人の“キズナアイ”が登場し、ファンの間では“分裂”と呼ばれていました。

別の声の“キズナアイ”が動画に出演するようになる一方で、オリジナルのキズナアイが出演する機会が極端に減少していきました。
まるでチャンネルを乗っ取らんとする勢いに、視聴者は猛反発。
別の声の“キズナアイ”が出演する動画の低評価率は60%を超え、それまでは増え続けていた登録者の数も、8月6日を境に減少に転じていました。
キズナアイ 業界 チャンネ 登録者数万人 分裂に関連した画像-02

中国の動画配信サイト「bilibili」でも高い人気を誇っているキズナアイですが、8月上旬に100万人近くいた登録者を10万人近く失うなど、
キズナアイの分裂は国内外を問わず大きな影響を及ぼしています。

中国では公式声明が発表される
8月16日、キズナアイを手掛ける株式会社「Activ8」代表取締役の大坂武史氏は「Kizuna AIファンのみなさんへ」という声明を発表しました。
中国語と日本語の2か国語で出されたこの声明は、日本国内のサイトではなく、bilibiliの公式アカウント上で公開されています。

この声明では、キズナアイは「自分とは何か」「実在しているとは」「ゴーストは存在するのか」といったテーマをもとに活動していると説明されています。
どうやら今回の分裂も、その活動の一環のようです。

また、“初期ボイスモデル”のキズナアイの動画出演の頻度が下がっていることに関しては、“新規ボイスモデル”を知っていただきたかったため、としました。
現在歌を中心に活動する初期ボイスモデルのキズナアイが活動を休止することはない、と断言しています。

キズナアイ 業界 チャンネ 登録者数万人 分裂に関連した画像-03


1名無しさん@おーぷん19/08/19(月)15:09:38ID:M9I

残念でもないし東禅寺

オタクはキモいからね

※追記 2019/08/19 15:41:38