日本政府「SNSの誤情報を常時監視へ」6月に閣議決定

スポンサーリンク
スポンサーリンク

日本政府が感染症対策の名のもとにSNSなどでの「偽・誤情報」の監視を常時行う方針を設けたことが、新たな「新型インフルエンザ等対策政府行動計画」の改定案で明らかになりました。

この計画は、平時からの情報監視を含め、必要に応じてプラットフォーム事業者に対して情報の削除などを要請する内容を含んでいます。

以前は、このような監視や対処には明確な法的根拠がありませんでしたが、改定案では新型インフルエンザ等対策特別措置法の条項を根拠に設定しています。この政策は国会の審議や承認を必ずしも必要とせず、岸田内閣は6月中に閣議決定を目指す方針です。

日本政府「SNSの誤情報を常時監視へ」6月に閣議決定 : コノユビニュース
1 : 政府が感染症対策の名のもとに「偽・誤情報」のモニタリング(監視)を行う方針であることが、4月24日公表された「新型インフルエンザ等対策政府行動計画」の改定案で明らかとなった。 未知


以下、ネットの反応

これってプライバシーの侵害じゃないのか?

政府の監視社会への一歩って感じがするな

情報の正確性を保つためには必要なのかもしれないけど、その線引きが難しいよな

監視強化って聞くとちょっとゾッとするわ

どこまでが誤情報でどこからが監視対象になるのか、透明性が問われる

こんなの許されるわけないだろ、自由がなくなる

いや、でもマジでデマとか流れると困るからなあ

誰が監視してるの?その人たちの判断が全て信用できるのかよ

これはいいぞ、偽ニュース対策になる

国がSNSを監視って、何か違う気がする

1 コメント
Oldest
Newest Most Voted
Inline Feedbacks
コメントをすべて表示する
名無しの欠片
1 month ago

その前に寝てる議員を監視してくれよ

スポンサーリンク
スポンサーリンク
1
0
Would love your thoughts, please comment.x