山本太郎氏 つばさの党・黒川敦彦氏の凸から逃げた陣営を批判「政治家なんて向いていない」

スポンサーリンク
スポンサーリンク

山本太郎氏は、つばさの党の黒川敦彦氏が取材を試みた際に、山本氏のスタッフがこれを拒否したことについて、「政治家なんて向いていない」と批判しました。

黒川氏は山本氏の陣営に突撃取材を試みましたが、山本氏のスタッフによって拒否されました。

このことについて山本氏は「政治家なんて向いていない」と強い口調で批判し、政治家はどんな意見にも耳を傾けるべきだと強調しています。

山本氏は、政治家としての責任を果たすためには、批判や対話から逃げるべきではないと述べ、政治家が市民との対話を避けることは、責任感の欠如だと非難しました。

また、山本氏は、スタッフが黒川氏の取材を拒否したことについて、適切な対応が欠けていたと指摘しています。

黒川氏の突撃取材は強引だったと一部では評価されていますが、山本氏はこのような状況こそ政治家としての器が試される場だと語り、どのような状況でも冷静に対処し、対話を求める姿勢を示すことが重要だと述べました。

この事件を通じて、山本氏は政治家のあるべき姿について再度問いかけを行い、政治家としての責任感や市民とのコミュニケーションの重要性を強調しました。

山本太郎氏 つばさの党・黒川敦彦氏の凸から逃げた陣営を批判「政治家なんて向いていない」 - ライブドアニュース
山本太郎氏が16日の街頭演説で、つばさの党による「凸」に言及した。「彼らは質問に答えたら帰るって言っている」として、逃げた陣営を批判。「答えられるくらいの度量がなければ政治家なんて向いていない」と語った


以下、ネットの反応

取材から逃げるなんて、政治家失格だな。

山本太郎の言うことも一理ある。

こんなことで批判するのはどうかと思う。

スタッフが対応したんだから仕方ない。

もう少し柔軟に対応できなかったのか。

山本氏の発言は過激すぎる。

黒川氏も無理やり過ぎたんじゃないか。

どちらも大人げない対応だ。

政治家にはもっと冷静な対応が求められる。

こういう場面こそ対話が必要だと思う。

0 コメント
Inline Feedbacks
コメントをすべて表示する
スポンサーリンク
スポンサーリンク
0
Would love your thoughts, please comment.x