ドラマ制作で原作者の不信感!セクシー田中さん問題

スポンサーリンク
スポンサーリンク

日本テレビがドラマ「セクシー田中さん」の原作者、芦原妃名子さんの急死に関する調査結果を発表しました。
この調査によると、芦原さんはドラマ制作中に制作側に対して強い不信感を抱いていたことが明らかになりました。

ドラマは放送の約7か月前に制作が始まりましたが、原作が連載中であったため、ドラマの9話と10話はオリジナルエピソードになる予定でした。このオリジナル部分の扱いについて、制作側と原作側の認識に食い違いがありました。制作側はプロットや脚本を原作側に送り了承を得て進めていましたが、芦原さんはキャラクターの行動やエピソードの変更について「キャラブレ」を指摘し、一部シーンの撮り直しを要求しました。

特に問題となったのは、あるシーンの撮影についてです。芦原さんが問い合わせた際、制作側は「既に当該シーンは撮影済み」と回答しましたが、実際には撮影はまだ行われておらず、5日後に行われる予定でした。この事実を知った芦原さんは制作側への信頼を失いました。制作側は「とっさに事実と異なる回答をしてしまった」と述べ、反省しています。

最終的にこのシーンは撮り直しとなりましたが、この一連の出来事で芦原さんは「制作サイドから何を言われても信用できない」と感じるようになりました。

また、小学館側はドラマオリジナル展開について、原作者が脚本または詳細プロットを提案することを要望していましたが、制作側とのコミュニケーション不足から誤解が生じました。その結果、芦原さんはドラマオリジナル部分に「創作」を入れないでほしいと要求し、脚本家の交代を要請しました。最終的に、ドラマは芦原さんの意図をすべて取り入れたものとなりましたが、この過程での信頼関係は大きく損なわれました。

「セクシー田中さん」原作者、現場に「不信感」伝えていた 制作側が“ウソ”を伝え信頼関係破綻「反省」(スポニチアネックス) - Yahoo!ニュース
日本テレビは31日、昨年10月期放送の同局ドラマ「セクシー田中さん」原作者で漫画家の芦原妃名子さん(享年50)が急死した問題について、「社内特別調査チーム」による調査結果を報告した。調査の中で、芦


以下、ネットの反応

また制作側の嘘かよ、いい加減にしろよ

原作者の意見無視してどうすんだよ

信頼関係って大事だな、嘘つくなんて最低

これじゃあドラマもまともに作れないよね

やっぱり制作サイドのミスが大きかったな

芦原さんがかわいそうすぎる

キャラブレはファンにとっても辛いよ

最初からちゃんとやり取りしろよ

ドラマの出来が良くても裏がこんなんじゃ台無し

信頼を取り戻すのは難しいだろうな

0 コメント
Inline Feedbacks
コメントをすべて表示する
スポンサーリンク
スポンサーリンク
0
Would love your thoughts, please comment.x