【速報】政府が性転換症を精神疾患に分類

スポンサーリンク
スポンサーリンク

ペルー政府は、トランスセクシュアリズムを「精神疾患」と分類する新しい法令を制定しました。

この動きに対してLGBTQ+団体は強く反発し、抗議デモを行いました。

政府は、この法令が精神疾患治療の保険適用範囲を拡大するものであり、撤回しない方針を示しています。

しかし、世界保健機関(WHO)はこの表現を公式文書で使用しておらず、国際的な批判を招いています。

ペルー政府、「性転換症」を「精神疾患」に分類 LGBTQ+団体反発
【5月18日 AFP】ペルー政府がトランスセクシュアリズム(性転換症)という言葉を用いてこの状態を「精神疾患」に分類する新たな法令を制定したことを受け、性的少数者(LGBTQ+)団体は17日、抗議デモを行った。


以下、ネットの反応

時代錯誤もいいところだな。

WHOの基準を無視するなんて、信じられない。

治療を受ける権利って何?

LGBTQ+への理解がなさすぎる。

保険適用範囲の拡大はいいことだが、表現が問題だ。

こんなことをして何の得があるんだ?

国際的に非難されるべきだ。

抗議デモは当然の反応だ。

人権を無視する行為だ。

撤回しないなんて無責任だ。

0 コメント
Inline Feedbacks
コメントをすべて表示する
スポンサーリンク
スポンサーリンク
0
Would love your thoughts, please comment.x