【無惨】これから消えるかもしれない日本の自治体、実名で大暴露!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

本記事では、将来「消滅の可能性」があると指摘された自治体の状況について報告しています。

特に、20~30代女性の人口減少率が顕著な東北地方の外ケ浜町や、若年層の流出が課題である岡山県井原市などが取り上げられています。これらの自治体では、人口減対策が十分に功を奏しておらず、地域の存続に対する危機感や焦りが増しています。

首長や担当者は国に対し、具体的な支援や施策の強化を求めており、自治体名を公表することに対する批判も存在しています。豊島区のように、人口は流入しているものの出生率が低いという「ブラックホール型自治体」も指摘されています。

全体的に、日本の地方自治体が直面する人口問題の深刻さが浮き彫りにされています。

自治体「消滅」指摘に不安や焦り 名指しに「ナンセンス」と反発も | 共同通信
「存続に危機感を持たざるを得ない」「大変深刻だ」―。民間組織「人口戦略会議」が将来「消滅の可能性」が...


以下、ネットの反応

地方は本当に厳しいんだな…

国がもっとしっかり対策を練らないと、これから先が思いやられる

女性が減ると地域おこしが難しくなるからな

自治体名を出すのはプレッシャーになるもんな。ナンセンスっていう気持ちも分かる

豊島区、意外と危ないのね…

政策って本当に地元の声が反映されてるのかな?

東北のことを考えると、心が痛いよ

人口減って、本当に地方が消えていくのかもしれないね

いつか自分の住んでるところもこんなニュースになるのかな

若者が都会に出るのを防ぐのは、
もはや国の大きな課題だね

1 コメント
Oldest
Newest Most Voted
Inline Feedbacks
コメントをすべて表示する
名無しの欠片
1 month ago

人口データが20年前のでとまってるとこもあるしな

スポンサーリンク
スポンサーリンク
1
0
Would love your thoughts, please comment.x