【為替】結局1ドル80円と1ドル150円どっちが日本にええんや?

スポンサーリンク
スポンサーリンク

日本経済にとって、1ドル80円の為替レートと1ドル150円の為替レート、どちらが良いのかという話は、一概には言えない複雑な問題だ。

為替レートが1ドル80円の場合、日本製品の価格は海外市場で高くなり、輸出が減少する可能性がある。

これは、海外での競争力が低下することを意味し、特に輸出に依存する産業にとっては打撃となる。

一方で、輸入品が安くなるため、消費者や輸入に依存する産業には好影響をもたらす可能性がある。

一方、1ドル150円の場合は、日本製品の価格が海外市場で安くなり、輸出が促進される。

これは、日本の製造業や輸出産業にとっては大きな利点となる。

しかし、輸入品の価格が上昇し、エネルギー資源や食品などの輸入に依存する日本にとっては、コスト増加の原因となる。

結局のところ、どちらの為替レートが日本にとって良いかは、国内経済の状況や政府の経済政策、世界経済の動向など、多くの要因に依存する。

短期的な利益と長期的な戦略のバランスを考えながら、柔軟な対応が求められる。

以下、ネットの反応

1ドル80円の方が日本の技術力の高さを世界に示せると思う

輸入品が高くなるのは困る。生活費が上がる一方だ

輸出産業が潤う1ドル150円の方がいい。経済全体が活性化する

でも、輸入食品に頼ってる家庭には厳しいよね

為替レートに左右されない強い経済を作るべき

短期的なレートの変動に一喜一憂するより、長期戦略が大事

エネルギー資源の輸入コストが心配。電気代が上がるかも

輸出促進で得られる利益を国内消費に回してほしい

どっちにしろ、一般消費者の負担が増えるのは避けられない気がする

政府の対策次第で、どちらの状況も乗り越えられるはず

6 コメント
Oldest
Newest Most Voted
Inline Feedbacks
コメントをすべて表示する
名無しの欠片
1 month ago

円が強いほうが良いに決まっているが、輸出で利益を出しにくくなるから輸出業が弱くなり続いて円も弱くなり均衡がとれる。だが現在は無意味な金融緩和によって強引に円安に導かれ貧しい国となっている

名無しの欠片
1 month ago

円高過ぎると工業製品の工場が無くなるだけでなく、食物も輸入した方が安くなるので、農業、漁業、畜産業が衰退する。日本は幸いながら日本企業しか作れない素材や機械が多いが、それも円高が続くと外国企業が高値を嫌って代替品の開発に成功してしまい日本の強みが無くなるかも知れない。

円安過ぎると、輸入品物価が上がる事で庶民生活は苦しくなるが、物価が上がる事で既存の円建ての借金が実質的には減る。これは国家から個人まで全ての借金負担が軽くなるので今の日本には将来的にはメリットが大きい。

なので、1ドル120~130円くらいで推移してくれるのが一番良いが、そもそも、高度成長期や80年代バブルの頃も庶民の生活は厳しかったので、生活が厳しいからダメだというものでもない事は理解しておくべきだと思う。

名無しの欠片
1 month ago

上のコメントに加えると、円安だと日本で生産するのが海外に比べて低コストなので、日本内の生産拠点が増え、雇用が増える。それによって経済が活性化する。

輸入品の値段が上がるが、経済の活性化によって賃金が上がり、値上がり分に対応できるだろう。もちろん、タイムラグがある。なので、あんまり「原材料費が高い。政府は助けろ」と言い過ぎると、また政治家や官僚を威張らせることになる。

名無しの欠片
1 month ago

110-115円時代が懐かしい
市況2のAUD円77.77L友の会の会員だったよ

名無しの欠片
1 month ago

円高が良かったって話があるけど
実際あと10年あの相場が続いていたら
輸出産業は全滅に近い打撃食らってたと思う。

今好調な自動車産業は当時税金投入で繋いでいたし
それが無くなった家電産業は海外での競争力は無くなっているからね。

適正で長期安定した相場で固定しといてほしい。
・・・韓国の相場はうまくやってるっぽい気がするのは気の性?

リフレは世界標準
1 month ago

国全体としては通貨安のほうがいいに決まっています。
円高で苦しんできたのをもう忘れているようですね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
6
0
Would love your thoughts, please comment.x