【捏造】読売新聞の捏造問題、さらに幹部が飛ぶ

スポンサーリンク
スポンサーリンク

読売新聞大阪本社は、小林製薬の紅こうじ成分入りサプリメントに関する不適切な記事を巡って大きな問題を抱えています。

具体的には、社会部主任の記者(48歳)が取材先の発言を捏造したため、諭旨退職とされました。

また、取材を担当した岡山支局の記者(53歳)も記者職から外され、1か月の休職処分を受けています。

さらに、関連する編集幹部3人にも更迭の方針が示されています。この件について、会社は「取材に協力した社長を裏切った」と深く謝罪し、今後は取材結果を正確に扱う姿勢を徹底すると強調しています。

この問題の発端は、4月6日付の夕刊記事でした。記事には、小林製薬と取引のある企業の社長の発言として、小林製薬からの連絡がないことへの不満が記されていましたが、実際にはそのような発言はされていませんでした。

社会部主任が自分のイメージで発言を捏造し、岡山支局の記者もそれを知りながら記事を訂正することなく放置しました。この事実が発覚した後も、編集局は適切な対応を取らず、誤った訂正記事を掲載するに至りました。

この問題に対し、関係者は厳しい処分を受けており、執行役員編集局長は給与の30%を3ヶ月返上し、他の編集局幹部も休職処分にされる予定です。

さらに、社長も報酬の10%を3ヶ月返上すると発表されました。読売新聞は、今後このような問題を防ぐため、記事に対する責任を徹底し、事実に基づく報道を心掛けることを約束しています。

読売新聞記者が諭旨退職、幹部も更迭へ 紅麹サプリ巡る談話捏造 | 毎日新聞
小林製薬の紅こうじ成分入りサプリメント問題を巡る記事で取材先の談話を捏造(ねつぞう)したとして、読売新聞大阪本社は1日、社会部主任の記者(48)を諭旨退職、取材をした岡山支局記者(53)を記者職から外し、休職1カ月の懲戒処分にすると明らかにした。編集局幹部ら3人も更迭する方針。


以下、ネットの反応

またやったか、読売はいつになったらマシになるんだ?

捏造って、ジャーナリズムの大罪だろ。信用なくすぞ。

記事に責任を持たないって、何をしてるんだよ記者は。

全員退職でいいんじゃない?こんなの許されんよ。

裏取りもしないで何がジャーナリストだ。笑わせる。

管理職も給料返上して反省してる?ただのパフォーマンスに見える。

新聞読む価値なし!これだから紙のメディアはダメなんだ。

こんなことしてたら誰も新聞なんか信じなくなるぞ。

社長まで謝ってるけど、言葉だけじゃ信じられないな。

また同じこと繰り返すに決まってる。反省なんかしてないよ。

0 コメント
Inline Feedbacks
コメントをすべて表示する
スポンサーリンク
スポンサーリンク
0
Would love your thoughts, please comment.x