アンテナ

    【悲報】女子生徒「クラスに居づらいので自殺します」校長「天寿を全うされた」

    スポンサーリンク
    スポンサーリンク

    福島県立須賀川創英館高校の3年生だった女子生徒が自殺した問題について、皆さんはどう思いますか? 生徒の両親は、なぜ娘が自殺に追い込まれたのか真実を知りたいと訴えています。

    生徒は2022年4月に亡くなりました。両親は、生徒が「クラスにいづらい」と感じていたことを知りました。生徒は看護師になる夢を持ち、中学では生命の大切さを語り、高校ではスポーツ部活動のマネジャーとして活動していました。しかし、高校2年生の2学期から学校を休むことが多くなり、亡くなった日も欠席していました。

    両親によると、当時の校長は「この生徒は天寿を全うした」と発言したそうです。両親はこの発言にショックを受けました。県教育委員会の第三者委員会が設置され、両親は誠意ある報告を求めています。

    このような悲しい出来事に対して、皆さんの意見を聞かせてください。

    元のニュースはこちら

    以下、ネットの反応

    このような若い命が失われるのは本当に悲しい。

    学校側の対応に問題があったのではないか。

    両親の気持ちを考えると胸が痛む。

    校長の発言は不適切だったと思う。

    真実を知ることが、両親にとって少しでも慰めになることを願う。

    学校のカウンセリング体制を見直す必要がある。

    子どもたちの心のケアがもっと大切にされるべき。

    この事件を教訓に、学校でのメンタルヘルス対策を強化すべき。

    生徒の声にもっと耳を傾けるべきだった。

    第三者委員会の報告に期待している。

    コメント

    スポンサーリンク
    スポンサーリンク