アンテナ

    「嫌なヤツだと思いました」『海猿』原作者 映画現場で目撃した“主演俳優”の「衝撃発言」を暴露

    スポンサーリンク
    スポンサーリンク

    人気漫画『海猿』の作者、佐藤秀峰氏が自身のnoteで映画化された当時の体験を振り返りました。

    この話題はSNSで大きな波紋を呼んでいます。

    『海猿』はフジテレビによって映画化され、大ヒットを記録しましたが、佐藤氏は過去にフジテレビとの信頼関係が崩れたことを明かしています。

    特に、映画の撮影現場での主演俳優の振る舞いについて、不快感を示しました。

    佐藤氏は、映画化に対して消極的であり、映像化された作品が自分の描きたかったこととは異なると感じていることを赤裸々に語っています。

    この話題に対して、ネット上では様々な意見が交わされています。

    一部では、映画の主演俳優である伊藤英明氏への批判的な声もありますが、撮影前の緊張感の中での出来事だったため、俳優を擁護する声もあります。

    このような状況は、漫画を原作とした映像化作品のあり方について、改めて考える機会を提供しています。

    「嫌なヤツだと思いました」『海猿』原作者 映画現場で目撃した“主演俳優”の「衝撃発言」を暴露(女性自身) - Yahoo!ニュース
    2月2日、人気漫画『海猿』の作者である佐藤秀峰氏(50)が、同作が映画化された当時を回想したnoteを公開。そのなかで明かした、“体験”がSNSで、波紋を呼んでいる。 昨年放送された連続ドラマ『セ

    View post on imgur.com

    以下、ネットの反応

    映画化って原作者の意向が反映されにくいのかな?

    伊藤英明さんにもっと敬意を払うべきだったね

    原作ファンとしては、ちょっと複雑な気持ち

    撮影現場のプレッシャーは想像以上に大きいのかも

    佐藤秀峰氏の正直な感想、リスペクトする

    映画も好きだけど、原作の魅力は別にあるよね

    この話、業界内での関係性が垣間見えて面白い

    俳優と原作者の間にもっとコミュニケーションが必要だったかも

    フジテレビにはもう少し誠実さを期待したい

    結局、映像化は原作の一つの解釈に過ぎないからね

    コメント

    スポンサーリンク
    スポンサーリンク