アンテナ

    「女性」って小学生の頃は聞き分けが良くて賢いのに「中高生」あたりから急に幼稚になるのなんで?

    スポンサーリンク
    スポンサーリンク

    最近、ふと気づいたんです。

    小学生の頃って、女の子は本当に聞き分けが良くて、賢いんですよね。

    でも、中学生や高校生になると、なんだか急に幼稚になる気がするんです。

    大学に入ると、その影も形もなくなってしまう。

    なんででしょうね、この現象。一方で、男子は小学生の頃はちょっとしたアホの子が多いのに、中学や高校になると急に賢くなる気がします。

    この話、実は石原慎太郎さんが昔、ある発言をしていて、それが頭から離れないんです。

    「文明がもたらした最も悪しき有害なものは『ババア』」っていうんですから、ちょっとショックですよね。「女性が生殖能力を失っても生きているのは無駄で罪」とか、「男は80、90歳でも生殖能力があるけど、女は閉経したら子供を生む能力がない。そんな人間が長生きするのは、地球にとって非常に悪しき弊害」という考え方。半分は真実をついているような気もするけど、半分はブラックユーモアにしか聞こえない。こんなこと、普通には言えないですよね。」

    でも、この文明によって惑星が消滅してしまう可能性について考えると、なんだか悲しくなってきます。

    皆さんはどう思いますか?

    以下、ネットの反応

    これはちょっと言い過ぎじゃない?

    石原慎太郎の発言、昔から刺激的だよね

    女性をババア呼ばわりするのはどうかと思う

    生殖能力で人の価値を測るのは時代遅れだと思う

    男女の成長の違いは確かに興味深い

    ブラックユーモアって言っても、受け取り方によっては…

    文明の進化と女性の役割、深い話だね

    年を取ること自体が罪って、それはないわ

    この発言、今の時代には合わないかも

    でも、性差の話題っていつの時代も難しいよね

    コメント

    スポンサーリンク
    スポンサーリンク