ある理不尽な修羅場で異動になった田舎の工場に、飛ばされて2年位経った時に彼女と出会った

スポンサーリンク
スポンサーリンク

田舎の工場に飛ばされてから2年が経ちました。ある理不尽な修羅場での異動が理由でした。そのため、仕事が終わったら自炊して寝るだけの生活が続いていました。長期休暇があっても地元に帰ることなく、部屋でじっとしていました。

休みの日も苦痛で、仕事がある方がむしろ楽だと感じるほどでした。

工場の周りには飲み屋もなく、帰りにスーパーに寄るくらいしか楽しみがありませんでした。そんなある日、嵐が近づいていて、朝から強い風が吹いていました。スーパーで買い物を済ませて車に戻る途中、強い雨と風で自転車を押しながら立ち往生している彼女と目が合いました。

彼女は職場で顔見知りではありましたが、あまり話したことはありませんでした。派遣社員であることは知っていましたが、特に接点はありませんでした。

私は「この嵐じゃ自転車じゃ無理だから、家の人に迎えに来てもらったら?」と言いましたが、彼女は頼める人がいないと言いました。そこで、私は彼女を車で送ることにしました。

送っていく途中、彼女が私のアパートの向かいのアパートに住んでいることが分かりました。それから、少しずつ彼女との距離が縮まっていきました。嵐の日がきっかけで、彼女との関係が始まったのです。


以下、ネットの反応

何このベタな展開www

こんな偶然ってあるんか?

田舎の工場に飛ばされた話の方が気になるわ

なんで長期休暇も地元に帰らんねん

嵐の日に出会うってドラマかよ

派遣社員との恋愛か、リアルだな

アパートの向かいって運命感じるわ

仕事しかしてない生活はきついな

スーパーのシーンが妙にリアルw

こういう話って意外とあるんだよな

0 コメント
Inline Feedbacks
コメントをすべて表示する
スポンサーリンク
スポンサーリンク
0
Would love your thoughts, please comment.x