アンテナ

    【速報】中国「ちょっと今大変だから空売り禁止、ね?」

    スポンサーリンク
    スポンサーリンク

    中国証券監督管理委員会が最近、株式市場の安定化を目指して、譲渡制限付き株式の貸し出しを全面的に禁止すると発表しました。

    この動きは、中国の株式市場が不動産不況を背景に低迷している状況の中で行われたものです。

    株式の貸し出しを規制することで、株式を借りて売却し利益を得る「空売り」を制限し、株価の下落を防ぐことが狙いです。

    証券監督管理委は、証券取引への監督を強化し、市場の秩序を維持することを強調しています。

    上海や深センの株式市場では、中国経済の先行き不透明感から売りが広がり、株価の下落基調が続いています。

    特に上海市場の代表的指標である上海総合指数は、前週末比で2.68%安となり、2020年4月以来の2800割れとなったことが報じられています。

    このような状況の中で、中国政府の株式市場に対する介入は、市場の安定化を目指す重要な一歩と見られていますが、市場の自由度や透明性に対する懸念も残ります。株式市場の今後の動向が注目されるところです。

    中国、株安阻止へ「空売り」制限 株式貸し出しを規制(共同通信) - Yahoo!ニュース
    【上海共同】中国証券監督管理委員会は28日、譲渡制限付き株式の貸し出しを29日から全面的に禁止すると発表した。中国の株式市場は不動産不況を背景に低迷しており、株式の貸し出し規制によって、株式を借り

    以下、ネットの反応

    中国の株式市場規制、これで安定するのかな?

    市場の自由度が心配だ。政府の手が入りすぎじゃない?

    株価下落を防ぐための必要な措置だと思う。

    経済の先行きが不透明すぎる…。

    空売り規制は短期的な解決策に過ぎない。

    株式市場の健全な発展には透明性が必要。

    政府の介入が市場を安定させるのは一時的なもの。

    不動産不況が株価に影響してるのは明らか。

    上海総合指数の動きが気になる。

    市場の秩序を維持するための措置は理解できる。

    コメント

    スポンサーリンク
    スポンサーリンク