アンテナ

    【悲報】なぜ若者は「結婚」しなくなってしまったのか 「コスパ」悪い 「リスク」を伴う

    スポンサーリンク
    スポンサーリンク

    最近、私は日本の若者たちがなぜ結婚しなくなったのか、という問題について考えています。

    家族を持つことはコストパフォーマンスが悪いとされ、結婚や子育ての純粋な喜びが機会費用として計算されてしまう傾向があるそうです。

    また、若者たちが結婚しにくい理由として、格差婚が少ないことも指摘されています。

    日本の結婚率は低く、結婚や出産が「贅沢」と見なされる現状があります。

    この問題について、皆さんはどう思いますか?

    以下、ネットの反応

    結婚しないのは経済的な理由が大きいよね

    愛情だけじゃ生きていけない時代だからな

    若者が結婚しないのは自由だと思う

    結婚と子育ての価値をもっと社会が評価すべき

    結婚しない選択も尊重されるべき

    経済的な安定がないと結婚は難しいよ

    結婚は個人の選択。社会が干渉すべきではない

    子どもを育てる環境が整っていないから、結婚を避ける人が多いのかも

    結婚しない自由もあるけど、少子化は深刻な問題だよね

    結婚はもはや贅沢品。現代社会の縮図だね

    コメント

    1. ブラック勤めで子供ができちゃうと下手すれれば懲役30年クラスの苦行を背負うことになる。

    2. 弱者男女が結婚していないだけで一般人は昔と変わらず結婚してる

    3. 自分の人生を失敗したくないって思考の中で
      結婚しないことが失敗って概念が消えたんだよな
      ドラマ、雑誌、漫画で未婚や派遣が取り上げられ
      40代から特に鵜呑みにして未婚や派遣の自分を容認してしまった
      親離れさせない今の団塊世代氷河期世代も悪いよ

    4. とにかく金がないのに支出だけ増えていく。
      大した贅沢もせずにスマホぽちぽちしているだけなのにやれ社会保険料だ税金だと金がかかる。
      先日、車の必要性よりコストがかかり過ぎているから切った。
      駐車場代、ガソリン代、車検代、メンテナンス代、税金などなどから解放された。
      それと同時に大切な何かを失った気がするが、もうどうでもいい。
      ただのんべんだらりんと生き、何も成さず、世界の片隅で人知れず死んでいく。
      それでいいのだ。

    スポンサーリンク
    スポンサーリンク