【悲報】貸し渋り問題、高齢者に冷たい社会の現実

スポンサーリンク
スポンサーリンク

日本は高齢者の数が多い国で、2025年には団塊の世代が全員75歳以上になります。

このことから、医療や社会保障への対策が急務とされていますが、特に高齢者の住居問題が大きな課題となっています。

貸し渋りとは、家主や不動産屋が高齢者に対して住居を貸し出すことを渋ることを指し、その背景には孤独死のリスクや家賃の不払いなどの懸念があります。

社会福祉法人「やすらぎ会」が高齢者の住まい探しを支援しており、孤独死のリスクを理由に貸し渋りをする家主が多いと指摘しています。

また、高齢者自身も、住まいを探す過程で内覧さえさせてもらえないなどの困難に直面している実態が紹介されています。

このような状況の中、定期的な安否確認やシェアハウスの提供など、高齢者を支援する取り組みも行われています。

【特集】「内覧さえさせてもらえない」高齢者というだけで断られる住居の“貸し渋り”の実態 2025年には“団塊の世代”全員が75歳以上に…支援に名乗り出た人々の活動に密着(読売テレビ) - Yahoo!ニュース
高齢者大国・日本。2025年には、“団塊の世代”全員が75歳以上の後期高齢者となり、医療や社会保障などへの対策が急務となる中、課題の一つとされるのが『高齢者の住居を巡る問題』です。“貸し渋り”など

以下、ネットの反応

高齢者だって住む場所が必要だよね

家主の懸念もわかるけど、もっと解決策を考えないと

社会全体で支える体制を早く整えてほしい

孤独死を理由に貸さないのは理不尽だ

やすらぎ会みたいな取り組み、もっと増えるといいな

高齢者を疎外する社会は何かが間違ってる

シェアハウスっていいアイデアだね、もっと聞きたい

政府の対策が遅すぎる。もっと急げよ

家賃の不払いリスクは確かに怖いけど、解決策を考えよう

この問題、家族だけの問題じゃない。社会が変わらなきゃ

1 コメント
Oldest
Newest Most Voted
Inline Feedbacks
コメントをすべて表示する
名無しの欠片
1 month ago

すでに政府は住宅セーフティネット制度を創設して要配慮者向けの住居の確保を急いでいる
でも賛同する大家や不動産屋は少ない。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
1
0
Would love your thoughts, please comment.x