おすすめ記事

2017-03-07 01:40:00 ライトノベル

ソニーが『魔法科高校の劣等生』とコラボ!「魔法師開発研究所」を開設!”銃型CAD”が使えるぞ!

これでみんなもお兄ちゃんに!
a95a0e3f467ad6dfccf3b4ce1ec74bc9.jpg
スポンサードリンク
ソニーは、3月25日(土)~26日(日)に東京ビッグサイトにて開催される「AnimeJapan 2017」において、人気アニメ「魔法科高校の劣等生」とコラボレーションし、ソニーの最新技術、製品、サービスを活用した「魔法師開発研究所」(ブースNo.J76)を展開します。

今回展開する「魔法師開発研究所」では、来る2090年代に向けてソニーのテクノロジーを用いての魔法の発現や魔法師の発掘を行うことを目的とし、魔法で敵を捕捉する能力を試す『魔法師適性試験』、知覚系魔法の受信能力を判定する『知覚魔法師適性試験』などの試験や実験を行います。

「魔法師開発研究所」の主な研究内容
■魔法師適性試験
試験用にチューニングされた拳銃型CAD(シーエーディー)*を使い、魔法で敵を捕捉する試験。制限時間内に、敵を捕捉し捕獲機に移動させることで、加速・加重・移動などの基本的な魔法師スキルを判定します。
試験では、振動系魔法デバイスによる触覚・聴覚体験や、感応型の高速映像追従などの特殊な体験が可能です。
※使用技術:ソニー独自の動的空間プロジェクション技術を起用した「Moving Projector」、振動デバイスによってリアルな触感を手の平に再現する触覚提示技術。
* CAD(シーエーディー):術式補助演算器/Casting Assistant Device。魔法の発動を簡略化するデバイス。CADを使用することで魔法師は高速で魔法を発動させることが出来る。

コチラから一部抜粋

スポンサードリンク

コメント

  • コメントをお願いします
名前:
本文:
Copyright OTAKAMU