おすすめ記事

主人公の長年の敵として頻繁に登場したり、味方であっても互いに切磋琢磨するライバルキャラは少年漫画にとって欠かせない存在。主人公に匹敵、あるいは上回る能力を持ち、物語のキーマンになることも多いライバルたちは、多くの読者を魅了してきた。そこで今回は『週刊少年ジャンプ』(集英社)連載の漫画に登場する「もっとも魅力的に感じたライバルキャラ」をリサーチ。
少年ジャンプの黄金時代を見てきた30代~40代の男性300人にアンケート調査を実施した。(アンケートサイト「ボイスノート」調べ)

そして第1位(26.7%)に輝いたのは『ドラゴンボール』に登場する「ベジータ」だった。戦闘民族サイヤ人の王子で自尊心が高く、地球に降り立ったときは孫悟空のことを完全に見下していたが、界王拳を駆使する悟空に大苦戦。
激闘の末に命からがら地球を逃げ出すはめに。

その後のナメック星編ではフリーザに戦いを挑んだが返り討ちにあい、己の無力さと絶望感に涙を流す場面も。
そして孫悟空フリーザと対峙したとき、あれだけプライドの高かったベジータフリーザ打倒を悟空に託して死んでいくシーンは感動的だった。

※下記リンクより、一部抜粋。続きはソースで
https://news.yahoo.co.jp/articles/97232912b81586538acd0a51b84a81047b892f05


12020/09/02(水) 12:29:37ID:x9R0OQmZ0.net
王様のブランチに『Fate』ファン激怒「忠実に放送してくれませんか?」

8月29日の『王様のブランチ』(TBS系)では、番組恒例であった?映画ランキング?のコーナーが、なぜか放送されなかったという。
これに対して、一部の視聴層から怒りや悲しみの声が上がっている。

同番組でお馴染みの「映画動員数ランキング」。
しかし、この日は特に説明もなく同コーナーがなかったのだ。するとこれに対してネット上では、

《2週連続『Fate』が1位だから王様のブランチ、ランキング省いたのかな》
《もしかして『ブランチ』で映画ランキングやらないのって、アニメ映画が上位にランクインしているからかな? 変に疑っちゃう》
《きっと2週連続で『Fate』が1位だからランキング放送しないんですね。悲しい》
《アニメ映画が上位にくるのが不快なら、実写映画ランキングにすればいいと思う》
《Fateを特集してくれると楽しみにしてたのに、映画ランキング自体消されてた…。
あからさまにオタク向け映画が多い週だけ映画ランキング無しにするのちょっとどうかと思うんですが。ちゃんとそういう結果も、忠実に毎週ランキングを放送してくれませんかね?》

など、意図的に放送しなかったのではないか、と考察する視聴者が続出している。

http://myjitsu.jp/archives/130453?nonamp=1


12020/08/27(木) 23:06:26.57ID:KKWRsUeG0.net
「ONE PIECE」の作者・尾田栄一郎氏が27日、フジテレビ系「嵐ツボ」に出演した。この日は嵐の5人が集英社の「少年ジャンプ」編集部を訪れ、尾田氏とトークを展開。

その中で、「ONE PIECE」の最後について、「めっちゃ面白い」と自ら太鼓判を押した。
普段は「ジャンプ」編集部を訪れることはあまりないという尾田氏。番組のために倉庫から出された「ONE PIECE」第1話の生原稿を見つめながら「23年ぶりです。うまいですね」と自画自賛し、笑いを誘った。
相葉雅紀が「構想はあと何年くらいですか」と尋ねると、尾田氏は「あと4~5年」と明言。
さらに、大野智が物語の終わり方について尋ねると「もう間違い無いですね」と確定していることも明かした。
松本潤が「めっちゃ面白いですか」と振ると、力を込めて「めっちゃ面白いです」ときっぱり。
担当編集者が替わるたびに、結末は伝えているそうで、この日、案内役を務めていた編集者も「本ッ当に面白いです」と自信を持ってうなずいていた。

https://news.livedoor.com/article/detail/18801987/


12020/08/26(水) 17:49:35.00ID:UzEmfpZga.net
原氏に小島以外の“彼女”がいたことが「週刊文春」の取材で明らかとなった。

「『週刊ポスト』が小島と原氏の熱愛を報じたのは7月31日のこと。すると、その直後、元アイドルのAさんがSNSに『許せないことがあった』『5日間、食事ができない』などと書き込んだ。さらに、『キングダム』ファンから批判された小島が『誹謗中傷は終わりにして欲しい』とツイッターに投稿すると、Aさんはさらに『誰かを傷つけたことを知らないふりにするのは無責任』などと反論したのです」

 Aさんの知人が語る。

「元アイドルのAさんは10代から大手芸能事務所に所属。テレビの仕事を通じて、原氏と親密な関係になりました。2年ほど前から本格的な交際に発展したと聞いています。当時、原さんには奥さんがいましたので不倫ということになります」

 Aさんは、「週刊文春」の取材に対し「芸能界を引退しているので、一切の取材にはお答え致しかねます。その姿勢は今後も変わりません」と強調したうえで、次のように説明した。
「一時は感情的になってツイートしてしまいましたが、私のような人間が原泰久さんや小島瑠璃子さんを批判したり、人間の善悪を裁く権利はございません」

 小島の所属事務所に原氏との交際時期などについて聞いたが、「プライベートは本人に任せています」と答えるのみだった。

 原氏の代理人を務める弁護士は、Aさんとの交際などについては「質問事項はいずれにつきましても回答及び見解の披歴を控えさせていただきます」と答えず、 
小島との交際についてだけ「なお前妻との婚姻関係の継続中、小島瑠璃子氏とお会いしたのは昨年1月放送のテレビ番組における対談及び同年10月実施のイベント登壇の計2回のみ、
その他には面談はもちろん、発信受信を問わず連絡もございません」と回答した。

https://bunshun.jp/articles/-/39869


12020/08/23(日) 20:05:42ID:Pjz+GVTH0●.net
今回のテーマは「カッコいい必殺技の名前ベスト5」です!
男子がワクワクするしかないやつですね。男の子には
それぞれ「漫画の必殺技なら絶対これしかない」という
譲れない物があります。

◆第5位 聖闘士星矢「ペガサス流星拳」
ご存知、『聖闘士星矢』の星矢が使う
一秒間に百発以上繰り出す超音速の拳です。

◆第4位 ドカベン(大甲子園)「大熱球崖上突如落岩球」
言わずと知れた巨匠・水島新司先生の野球漫画。
これは岩鬼正美という、ストライクは打てない悪球打ち
のキャラクターがピッチャーをしたときに投げた必殺技です。

◆第3位 ドラゴンボール「かめはめ波」
世界で一番有名な必殺技です。

◆第2位 バキ「握撃」
花山薫の必殺技。相手の手足の一部分を両手で握り
急激に圧迫することで皮膚・血管・筋肉を破裂させる技です。

以下、長いのでソースで
https://news.yahoo.co.jp/articles/f0690aab805865b50aa3dedb91592b2bbd2297f4?page=1


TBSドラマ「半沢直樹」が23日、放送され、声優の宮野真守が初登場。金融庁の検査官・黒崎(片岡愛之助)の背後に部下として宮野がおり、いきなりの顔芸にネット上で「セリフなしで顔芸」などと盛り上がった。
黒崎が東京中央銀行の中野渡頭取ら幹部の元に進み、「金融庁担当検査官の黒崎です」と査察に来たことを告げる。「ただいまより金融庁検査を…」という黒崎の背後に宮野の姿があった。宮野は下からにらみつけるような顔芸を披露。

※下記リンクより、一部抜粋。続きはソースで
https://news.yahoo.co.jp/articles/b25d29466a0ea8a4c2d7a20a0422624292e64810
査察 宮野 半沢直樹 片岡愛之助 黒崎に関連した画像-02

査察 宮野 半沢直樹 片岡愛之助 黒崎に関連した画像-03

査察 宮野 半沢直樹 片岡愛之助 黒崎に関連した画像-04

査察 宮野 半沢直樹 片岡愛之助 黒崎に関連した画像-05


12020/08/24(月) 00:24:16ID:nc4Kr7RY0●.net
魔女の旅々並みにオーラ放ってるぞ!!!

久保帯人原作による劇場中編アニメ「BURN THE WITCH」が、10月2日より2週間限定で、東京・新宿ピカデリーほか全国35館にて上映されることが決定。同日に配信がスタートすることや、キービジュアルとPV、追加キャストも発表された。

月日 インディーズかよ 同日 オーラ 魔女に関連した画像-02

月日 インディーズかよ 同日 オーラ 魔女に関連した画像-03
月日 インディーズかよ 同日 オーラ 魔女に関連した画像-04

月日 インディーズかよ 同日 オーラ 魔女に関連した画像-05
月日 インディーズかよ 同日 オーラ 魔女に関連した画像-06

https://natalie.mu/comic/news/393280


真相を確かめるべく、原氏の実家・佐賀県に住む母親に話を聞いた。

「私も(交際報道に)ビックリしています。(小島を)特に紹介されてもないし、お会いしたこともないので」

─不倫からの離婚と、小島による略奪愛ではない?

「それは違うとハッキリしています。離婚の相談は、息子からありましたから。息子が連れてくるので、孫とはちょくちょく会っています」

原氏の実兄が母親の話を引き取り、こう続ける。

「弟が離婚したのは昨年の冬です。慰謝料と養育費は、ちゃんと払っています。小島さんとは離婚した後の話であり、離婚とは全然関係ないと、弟から聞いています」
 最後に、久留米市に住む別れた元妻からも話を聞いた。
「私は一般人なので、何もお答えすることはありません」
 小島の所属事務所は週刊女性に「プライベートなことは本人に任せております」とのこと。

 こじるりのキャラが純愛を“こじらせた”のかも?

※下記リンクより、一部抜粋。続きはソースで
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20200824-00018663-jprime-ent


12020/08/24(月) 15:42:31ID:tcPK6nHH0.net
8月22日、ソウルにあるCGV往十里(ワンシムリ)店で日本のアニメ映画『BanG Dream! 8th☆LIVE』のライブビューイングが上映。

上映の遅延を知らせる案内放送が出た直後、マイクがオフにならない状態で男性アルバイトが「オタクたちが気持ち悪い。すごくきもい。水着を着ているのを見て、“わあ”と叫んだりしている」などと発言。
そのままマイクを通じて上映を待っていた観客に伝わった。
https://news.livedoor.com/article/detail/18781887/